Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコーススラッガー養成コースの10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2012年07月24日

野球肩になる投げ方、ならない投げ方


野球肩に悩む投手は、プロアマ問わず数え切れないほどいます。それこそ信じられないほどの人数です。Littlerockheartではこれまで多くの投手の投球動作分析、コーチングを行ってきましたが、野球肩に悩む投手と、野球肩とは縁のない投手には、1つの決定的な相違点があります。今回の投手育成コラムではこの相違点について書き進めて行きたいと思います。

結論から言います。野球肩と縁のない投手はボールをリリースする際、動作軸が体の外に飛び出しています(右投手なら右側、左投手なら左側に)。ですが野球肩に悩んでいる投手を見ると、ボールをリリースする際にほとんど100%運動軸が体の内側にあるのです。つまり野球肩を回避するためには、リリース時に軸が体の外に飛び出るようにすればいい、というわけなのです。

と言っても、ピンと来ませんよね?もしこの説明だけでピンと来た方は、Littlerockheartのコーチングは必要ありません。ですがほとんどの投手はこれだけではピンと来ないのではないでしょうか。しかしそれが普通なのです。実は投球動作を分析するための連続写真やスーパースロー映像を見ても、運動軸が体の外にあるか内にあるか、プロの投手でも、プロチームの投手コーチでも分からない場合がほとんどなのです。ですのでこの投手育成コラムをお読みいただいている方がピンと来なくても、それはまったく普通のことなのです。

まずは、なぜ軸が体の外に出ると野球肩にならないのかをご説明いたします。リリース時に軸が体の外に出るということは、回転運動ではなく、回旋運動でボールを投げていることになります。つまり投球肩の動きは槍投げのように、ほとんど前後のみとなり、遠心力による大きな負荷が肩にそれほどかからなくなります。そのために肩痛を回避することができ、さらにはリリースポイントが一定になりやすいため制球力も向上し、まさに一石二鳥。

反対に軸を体の内側に残したまま投球をすると、肩はどうしてもハンマー投げのように弧を描いてしまいます。弧を描くということは、遠心力がかかっているということになり、この遠心力は肩に大きな負荷をかけてしまいます。これは、水の入ったバケツをグルグル回すのと同じメカニズムで投球をするということになります。そして弧の曲線上でボールをリリースするためにリリースポイントが安定せず、制球力も低下してしまいます。

軸が体の外に出てこない投手の場合、リーディングアーム(グラブをした方の腕)を上手く使えていないケースがほとんどです。リーディングアームとはまさにその名の通り、投球動作をリードする役割を担っています。投球動作は、実はスローイングアームではなく、リーディングアームを主役として考えていくべきなのです。リーディングアームでしっかりと動作をリードすることができれば、スローイングアームもスムーズに動作させていくことができます。ですがスローイングアームありきで投球動作を考えてしまうと、どうしてもスローイングアームに力みを発生させてしまい、その力みが肩痛・肘痛に直結してしまうのです。

スローイングアームに力を込めるのは、ボールをリリースするその一瞬のみです(ボールを指先で弾き出すため)。あとはワインドアップ、テイクバック、コッキング、アクセラレーション、フォロースルーのすべてに於いて、スローイングアームはリラックスしている必要があります。

リリース時に軸を体の外に飛び出させるためには、まずは安定した下半身が必要です。第一に強いふくらはぎが必要で、第二に強い内転筋が必要となります。振り上げてステップし、着地させた前脚がしっかりと安定していなければ、リーディングアームを最大外旋させて腋に巻き取り、その勢いで体をリーディングアーム側に引き寄せられたとしても、立っていることができなくなります。つまり右投手ならば一塁側にバランスを崩して倒れてしまいます。

話をまとめると、軸を体の外に出すためにはまずリーディングアームの内旋外旋動作により、リーディングアームで投球動作全体をリードする必要があります。そしてスローイングアームはリリース時以外は、常時リラックスした状態であること。さらには軸が体の外に出ても体を安定させることのできる強い下半身があるということが大切です。もちろん細かいことを言えばもっと条件はあるのですが、しかしまずはこの3つを実現させることが絶対条件となります。

今回の投手育成コラムは、非常に難易度の高いお話をしていますので、もし内容に関して分からない点などありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:野球肩
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 投球する時にキャッチャーミットを見続ける必要はない
次のコラム 投手が走りこむ際に注意すべき2つのポイント

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.