球威,位置エネルギーについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 球威をアップさせるためには位置エネルギーを上手く使おう

球威をアップさせるためには位置エネルギーを上手く使おう


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

下半身をしっかり強化すること、これは投手にとっては非常に大切なことです。足腰の弱い投手は、まず間違いなく投手として成長していくことができないためです。もちろん野手にとっても足腰の強化は非常に重要なのですが、投手の場合は野手とは違った理由でも足腰の強化が必要となります。

まずシンプルに考えると、足腰を強化すれば投球フォームが安定するようになり、制球力などが向上し、スタミナもアップします。ですが投手の場合、これらの理由の他にも足腰を鍛える必要があるのです。結論を言ってしまうと、それは、より大きな位置エネルギーを得るため、ということになります。

位置エネルギーとは高さが大きく影響します。例えばボールを上から落とす動作を想像してみてください。ボールは、より高いところから落とすほどバウンドする高さは大きくなりますよね?これと同じで、投手の場合はステップ脚を振り上げる高さが高いほど、ボールにより大きなエネルギーを与えることができるのです。テキサスレンジャーズに移籍したダルビッシュ有投手の投球フォームを思い出してみてください。近年の日本人投手では珍しいほど、左脚を高く振り上げています。その高さは、膝が胸にくっつくほどです。このステップ脚の振り上げの高さが、ダルビッシュ投手が投げるボールに凄まじい球威を生んでいる理由の1つです。

左脚を高く上げるダルビッシュ投手のこの投球フォームを見て、ノーラン・ライアンや、ランディ・ジョンソンらを指導した投手コーチ、トム・ハウスは「ノーラン・ライアンのようだ」とダルビッシュ投手を評しています。

ステップする脚を高く上げるほど、Nm(ニュートンメートル)という単位で計算する位置エネルギーが大きくなります。そしてステップする脚を高く上げるためには、股関節の広い可動幅だけではなく、脚を高く持ち上げるための筋力が必要となります。しかも一生懸命動作しないと上げられない程度の筋力ではなく、鍛え上げた重量のある脚を軽々と持ち上げられるだけの筋力が必要となります。

そしてさらに細かく見ていくと、大きな位置エネルギーを生み出せたとしても、それを上手くボールに伝えられるだけの技術と体力も必要となります。もし大きな位置エネルギーを生み出せたとしても、それを上手くボールまで伝えられなかったらどうなるでしょうか?エネルギーは足腰、腹筋、背筋、わき腹、肩、肘に滞留してしまうことになり、体に大きな負荷をかけてしまうことになります。つまり、故障のリスクが高まります。

投手のモーションにはフォロースルーというものがありますが、これは投球をしても残ってしまったエネルギーを開放するための必須動作となります。フォロースルーをとって余ったエネルギーを開放することで、体への負荷を大きく軽減しているのです。しかし位置エネルギー(と並進エネルギー)を投球に上手く伝えられなければ、そのエネルギーをフォロースルーまで到達させることもできません。

技術は、鍛錬を積めば身に付けることができます。しかし頭で思い描く技術を可能にするためには、それ相応の体力が必要となります。投手にとって足腰の強化は必須ですが、しかし無闇に強化しても意味はありません。思い描く技術に対し、どれだけの、どのような体力(筋力)が必要なのかをしっかりとイメージし、トレーニングをすることが大切です。

あなたは制球を気にするあまり、ステップ脚をあまり上げない消極的なフォームで投げてはいませんか?制球力とはすなわち技術です。技術を体得するためには体力が必要です。つまり技術が向上しないということは、その技術に見合う体力が不足しているということになります。ですので制球力を気にするあまり、球威を向上させるための位置エネルギーを捨てたとしても、それは根本的な解決とはなりません。ここで今一度、あなたが頑張っているトレーニング内容が適切であるかを再考してみてはいかがでしょうか。

その練習法をいつまでも続けていても
ほとんど上達しないかもしれません!

littlerockheart.com
なかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ! 練習をする前に、まず上達できる動作を学んでください。そのあとで練習をすればメキメキ上達します!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム スライダーが長打になりやすい物理的根拠と、その防ぎ方
次のコラム 投手の握力はどのように鍛えるのがベストなのか
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾