投球動作,無駄について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投球動作内にある無駄な動作を少しずつ減らす

投球動作内にある無駄な動作を少しずつ減らす


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

理想的な投球動作とは、一言で表現するならば、無駄のない投球動作だと言えると思います。いかに無駄なく、生み出したエネルギーを、投じるボールに伝えることができるかどうか。投手にとってこれは、究極のテーマだと言えます。まったく無駄のない投球動作でボールを投げられている投手は、皆無と言っていいかもしれませんね。

投球動作から無駄をなくすという過程の中で一番難しいのは、必要な動作を削らずに、無駄な動作を減らすということです。いくら投球動作の中から無駄な動作を失くせたとしても、必要な動作までをも失くしてしまえば、それは本末転倒です。いかに必要な動作を削らずに、無駄な動作だけを減らして行くことができるか。アプローチとしては非常に難しいことです。

では無駄な動作とは、一体どのようにして見極めれば良いのでしょうか?ハッキリ言ってこれは、十人十色です。10人の投手がいれば、10通りの無駄な動作が存在します。しかし概念として説明をするならば、階段を登る動作を想像してみてください。1段20cmの階段を登る動作です。まず右足を上げて1段上に踏み出します。そして右足の膝を伸ばすことで体全体を上に持ち上げ、今度は左足を2段目に着地させます。今度は左膝を伸ばして、、、という動作の繰り返しになります。

1段の高さが20cmの階段を登る場合、足は21cmずつ上げれば良いことになります。理想を言えば20.1cmずつ足を上げて登れれば良いのですが、これでは躓いてしまう危険が生じます。ですが逆に高く、足を30cmずつ上げて階段を登ったらどうでしょうか?つまり次に着地する段よりも10cm高く足を上げるということです。これではあまりにも高く足を上げ過ぎです。(地に着いている足の位置よりも)21cm足を上げれば登れるところを30cmも足を上げるという動作は、足を9cm高く上げる分のエネルギーを無駄に消費してしまっているということになります。

1段の高さが20cmの階段を3段登るためには、合計63cm分足を上げれば済みます。しかし1段を登るのに30cmも足を上げてしまうと、3段登るのに合計90cm足を上げる必要があり、30cm近く無駄に足を上げてしまうことになります。これではじわじわとスタミナは消耗されていき、階段をすべて登り切るだけでヘトヘトになってしまいます。投手でいうならば、5回までは好投できても、6回になると突然打ち込まれてしまうような状態です。

投球動作の中からすべての無駄を省くことは現実的ではありません。ですので1段の高さが20cmの階段を登るために21cm足を上げるということを参考にし、投球動作の中から、不必要な無駄な動きを削っていく作業が必要となります。先発では通用しないけど、リリーフでなら活躍できるというタイプの投手は、先発タイプの投手と比べると、投球動作の中に無駄な動作が多い傾向が強まります。投球動作の中に無駄な動作が多いために、長いイニングを投げれば投げるほどパフォーマンスが低下していってしまうのです。

熟練の投手コーチであれば、投球動作を見れば一瞬でどの動作が無駄かがすぐに分かります。しかしそのようなコーチが身近にいない場合は、身近に相談できるコーチや監督と話し合い、映像などを用いて投球動作を見直していくと良いと思います。投球動作の映像を何十回、何百回と見続けると、どの動作が、どのような影響をボールに与えているかがイメージできるようになります。そのイメージにおいて、ボールに好影響を与えていないと思われる動作を、投球動作内から省いてみると良いと思います。

すぐにすべてを解決できることはありませんので、投球動作の見直しは慌てずに、地道にやって行くようにしましょう。投球動作という運動は、非常に繊細です。歯車が1つ狂ってしまえば、すべて狂ってしまう怖れもあります。だからこそ慌てず、ゆっくりと見直していくようにしましょう。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム スランプと勘違いされやすいプラトー
次のコラム スライダーが長打になりやすい物理的根拠と、その防ぎ方
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾