TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 投手が握力を鍛えるのはボールをしっかりと握るためではない

投手が握力を鍛えるのはボールをしっかりと握るためではない


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

ピッチャーはボールを握って、それをキャッチャーミット目掛けて投げます。しかし実際には、ボールは握るべきではないのです。ボールは、手の人差し指・中指・親指の間に乗せるだけというのが理想です。ではなぜ握ってはいけないのか?

握るということは、それだけで力みが生じる動作になります。つまり、手に力を入れなければボールを"握る"ことはできません。「生卵を持つようにしてボールを持て」と教わった方は少なくないと思います。これは実に素晴しい教え方です。ボールはまさに、生卵を持つ程度の力加減で軽く持つのが最善なのです。

ボールを握ってしまうと、ボールをリリースする瞬間、人差し指と中指が手の甲の延長線に入りにくくなってしまいます(リリース時の指のテイクバック)。するとスナップを使って投げざるをえなくなり、ボールは引っかかりやすくなってしまいます。ボールが引っかかりやすいという状態では、当然ですが切れのあるボールを投げることはできません。

スナップスローは野手の投げ方であって、投手の投げ方ではありません。いわゆる「野手投げ」というものは、スナップを使った投球だと考えてください。スナップを使ってしまうと骨盤をピボットポイントとして使えずに、肩を支点にして投げてしまいます。すると典型的な上半身投げになってしまうというわけです。

逆に、ただ乗せるような軽さでボールを握ると、リリース時に人差し指と中指が手の甲の延長線に入りやすくなります。するとそこから指の付け根を90°になるように屈曲させることができ、指先で真っ直ぐボールを押し出すことができるようになります。これができるとボールが引っかかることも、抜けることも減っていきます。

変化球を投げる時は別として、ストレートを投げる時は、基本的には親指は使いません。感覚としてはリリースの瞬間、人差し指と中指の腹でボールを転がしながら押し出すようにして投げます。投げるというよりは、発射するという感覚が適当かもしれません。

バッターは投球に対しバットが負けないように握力を鍛えます。一方ピッチャーは、指の付け根の屈曲を安定させるため、もしくは変化球を投げる時にボールがすっぽ抜けないようにするために握力を鍛えます。決してボールを強く握るために鍛えるのではない、ということを覚えておいてください。

TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾