ピッチャー,投手,力み,ボールの切れについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

腕の力を抜けば抜くほどボールには切れが出る

マンツーマン野球塾Kazコーチのマンツーマン野球塾
超お得な夏休み限定パック新登場! (先着5名様限定)

ピッチャーが良いピッチングをするためには、しっかりと腕を振ることが何よりも大切です。しかしこれがなかなかできないピッチャーが非常に多いのが現実です。腕を振るためには、腕の力を抜いておく必要があります。腕の力を抜くからこそ、腕を振ることができるのです。逆に腕に力が入っていると、それは振っているのではなく、腕を回していることになり、肩痛・肘痛の大きな要因となります。

ピッチングの場合、力を抜いてただ振れば良いというものでもありまえん。いかにして遠心力をかけずに腕を振るかということが重要です。遠心力を軽減させるためには、腕をコンパクトに振る必要があります。腕を大きく振ろうとしてしまうと大きな遠心力がかかり、インナーマッスルに余分な負荷がかかってしまい、肩痛を引き起こしてしまいます。

ピッチング時の腕は、リリースの瞬間を迎えて初めて真っ直ぐ伸びます。そしてリリース後、再び肘が内旋しながら曲がりはじめます。腕に力が入っているかどうかの1つの目安がこれです。つまり、テイクバックからアクセラレーションにかけて腕が伸びてしまっている場合、それは腕に力が入っていると考えてほぼ間違いありません。

ピッチャーの肩は消耗品であるとはよく言われますが、それは腕に力が入ってしまっている場合の話です。腕の力を抜いて投げられていれば、よほど無理な投げ方をしない限りはかんたんに肩を壊すようなことはありません。

ピッチングはランニング同様、全身運動です。左右の腕、左右の脚、体幹、すべてを使って行なうべき運動です。にも関わらず上半身の力に頼ってボールを投げてしまうから、故障を引き起こしてしまうわけなのです。

ピッチャーは、ボールを握る側の腕は紐だと思い込んでください。紐には筋力も関節もありません。その紐をしっかりと振るためには、全身を使ってまずは紐を後ろ側に振り(テイクバック)、そこから骨盤で誘導するように前方へと引き戻します。大切なのは、後ろに振った紐を、前へと引き戻すようにして振ることです。これを鞭のように振り下ろしてしまうと、紐である腕は遠回りをしてしまい、肩関節に余分な負荷がかかってしまいます。

ピッチングの基本は、とにかく無駄な動きをできるだけ省くということです。ピッチングモーションから無駄な動き、余分な力みが減っていくほど、ボールには安定した切れが出てきます。つまり調子が良い時と悪い時の差が小さくなり、常時安定したパフォーマンスを発揮できるようになるわけです。

プロ野球のピッチャーでも、腕に力が入っている選手は大勢います。例えば150kmの剛速球を投げられても、力みがあるためにボールに切れが出ずに打たれてしまう、そんなピッチャーがプロにも大勢います。逆に130km台のストレートしか投げられなくても、力みがなければ切れのある良いボールを投げることができ、勝てる投手へと成長していくことができます。あなたが勝てる投手になるためにも、腕の力をしっかりと抜いて投球することを心がけてください。

最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
IMG_2472.jpg

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 先発タイプはロングラン、リリーフタイプはスプリントを多めに
次のコラム 投手が握力を鍛えるのはボールをしっかりと握るためではない

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾