Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2011年07月25日

投手の下がった肘は、肘を上げることによって上げてはいけない


僕は河川敷や公園グラウンドで学生チームの練習を見学するのが好きです。小中学生は元気いっぱいで、すべてが全力プレー。そういう姿を見ていると、こっちも元気付けられます。しかしそんな場面においても僕は職業柄、「そういう指導法は良くないなぁ」と思ってしまうことが多々あります。

ピッチャーにとって最も多い悪いフォームは、投げる時に肘が下がってしまうことです。その指導をされる際に、「肘が下がっているからもっと上げろ!」と指導する監督・コーチが多いように思います。しかしこの指導法は適切とは言えません。一流のプロ野球選手であっても、投げている時の肘の高さを、自らリアルタイムで把握することはできません。コーチに言われて、VTRをチェックして、初めて肘が下がっていることに気付くものなのです。

つまり、肘が下がっているかどうかなんて、投げている本人には分からないのです。その選手に対し「肘を上げろ」という指導をしてしまうと、本当に肘を上げてしまいます。肘は肩線分(両肩を結んだライン)の延長線上にあることが望ましいのですが、「肘を上げろ」という指導をしてしまうと、その肩線分よりも高い位置に肘を上げてしまうようになります。これは、肘が下がること同様に良くない状態ですので、注意が必要です。人間の体は、腕を肩よりも上に上げるようには作られていないのです。

ピッチングモーションは、ある部位の動きを改善させたい時は、他の部位を動かすことによって行うのがベストです。例えば肘が下がっているピッチャーに対しては、肘を上げろ言うのではなく、重心を低くして投げろと指導すると良いと思います。重心が低くなれば、肘の高さは相対的に上がります。つまり下がった肘を上げるには、肘を上げようとするのではなく、重心を下げることで肘の高さを調整するのがベストなんです。

しかし試合中、疲労した状態で下がってきた肘は、なかなか戻すことはできません。と言うのは、重心を下げるためには広いステップ幅が必要です。そしてそのステップを安定させるのは内転筋の役割。その内転筋が疲労した状態では、上手く重心を下げることはできません。先発ピッチャーの場合、これは1つの交代目処だと言えるでしょう。

肘の高さを調整するために肘そのものをいじってしまうと、フォームがぐちゃぐちゃになってしまい、自分のフォームを見失い、長いスランプに突入してしまいます。それを防ぐためにも、肘の高さを調整するためには、肘以外の部位を動かすことにより、肘の高さを調整することが重要になるのです。


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


Littlerockheart は個別指導タイプの野球教室(野球塾)
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球教室の Littlerockheart です。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは実質無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:ピッチングモーション
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 先発タイプの常時セットポジションは、肩・肘を痛める
次のコラム 投球フォーム作りは、逆算しならが考えていこう

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.