股関節,骨盤,ローテーターカフ,腱板,肩痛について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投手の肩痛の原因は、肩にはない場合が多い

投手の肩痛の原因は、肩にはない場合が多い


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

大切なことですので何度も書きます。肩痛を引き起こす原因は、肩だけにあるとは限りません。むしろ肩痛が起こり、肩ばかりを気にしてしまうことで悪化させてしまうケースも多々見受けられます。ピッチングとは肩や腕で行うものではありません。正しいメカニズムで動作する下肢を用いて行なうべきものです。このことはこれからもまだまだ何度も書くと思いますので、ぜひ頭の真ん中にドーンと記憶させておいてください。

肩の後方に痛みを覚えるピッチャーは多いと思います。いわゆるローテーターカフ(回旋筋腱板)を痛めている状態です。ローテーターカフとは、肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋のインナーマッスル群をまとめた総称のことです。ローテーターカフを痛めると、インナリングにより筋肉を鍛え直して、痛みを取り除こうとする選手がいます。もちろんこれも正しい判断です。痛めた筋肉でも、改めて鍛え直せば故障をしにくい筋肉に再教育していくことが可能になります。ですがこれはあくまでも、単純にその筋肉を痛めている場合の話です。

ローテーターカフの痛みの原因が、ローテーターカフそのものにはないケースが非常に多いのです。この場合、いくら適切なインナリングを行なってインナーマッスル群を鍛え上げても、痛める原因そのものの解決にはなっていないため、再発する可能性が非常に高くなります。ではその真の原因とは?

まず一番に考えられるのは、股関節の硬さです。近年、股関節に関してはかなり声高に言われるようになってきました。しかしここでも注意が必要です。股関節が硬いというそのこと自体が問題というわけではないのです。股関節が硬いがゆえに、骨盤の可動性が小さくなることが問題なのです。言い方を変えるならば、股関節が通常よりも硬かったとしても、骨盤の動きに問題が見られなければ、それは問題ではないのです。つまり、ローテーターカフを痛める原因にもなりにくいということです。

まず右足だけで立ってみてください。そして左足を、右足にクロスさせるように内転させてください。この時の可動域が30°前後の場合、股関節は正常な可動域だと言うことができます(反対足でも試してみてください)。しかし20°、もしくは15°を下回っているようだと注意が必要です。20°までなら、人によってはそれでも骨盤が正常に動作している場合があります。しかし15°を下回ってしまうと、骨盤の可動性はかなり小さくなります。

骨盤の可動域が狭まると、フォロースルーをする際、ローテーターカフの伸展が大きくなります。つまりローテーターカフを伸ばすことによりフォロースルーを行なっている状態です。これでは、より大きく伸ばされることになる肩後方のローテーターカフを、簡単に痛めてしまうことになります。ですのでフォロースルーは、ステップ脚の股関節を内旋させ、骨盤でリードすることにより行なう必要があります。骨盤でリードされたフォロースルーであれば、ローテーターカフを伸展させる必要はなくなります。

話をまとめてみましょう。股関節が硬い=肩痛の原因、という図式は成り立ちません。股関節が硬い→骨盤が回転しない=肩痛の原因、となります。ですので指導者の方は、選手の股関節が硬いということだけですべてを判断しないように気をつけてください。そして股関節の弱さを改善させるためにも、アウフバウトレーニングを導入してみてください。今までアウフバウに取り組んだことのない投手であれば、2~3ヵ月継続するだけでも目に見えた効果が現れてくるはずです。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム サプリメントやプロテインは本当に必要なのか
次のコラム 大きな筋肉が投手の故障に繋がる理由
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾