ワインドアップ,ノーワインドアップ,セットポジション,プラントレッグ,クイックモーションについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ワインドアップだから制球が乱れるということはない

マンツーマン野球塾のレッスンを1時間¥2,500〜受講いただけます!
小学生〜草野球選手、初心者〜上級者まで、どんなレベルの選手も受講できます!

投球モーションのスタートポジションには、大きく分けて以下の4種類があります。

① ワインドアップモーション -0km
② ノーワインドアップモーション -2~3km
③ セットポジション -3~5km
④ プラントレッグ(クイックモーション) -5km以上

右側の数字は、一般的に見たワインドアップと比べた時の球速差です。ただし超一流の中には北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ投手のように、セットポジションからの投球でもワインドアップとの球速差がなく、150km以上のボールを投げられる投手もいます。ですがダルビッシュ投手のようなピッチャーはあくまでも例外で、通常はプロの投手でもセットポジションやプラントレッグでは確実に球速は低下します。

近頃はこの球速差をバッターに感じさせないためであったり、制球力を上げるためにランナーがいなくてもセットから投げる先発ピッチャーが増えています。しかしこの傾向を僕は快く思ってはいません。ピッチャーの役割はあくまでもバッターを打ち取ることです。バッターを打ち取るためには、まずは自分のベストピッチができるということが大前提です。ということは、ランナーがいない時から135kmしか出ないセットで投げるよりは、まずは140km出せるワインドアップから投げるべきなんです。

ワインドアップにするとコントロールが乱れると言うピッチャーがいますが、しかしそれは言い訳にしか過ぎません。ワインドアップでも抜群の制球力を誇るピッチャーはたくさんいます。要はワインドアップが悪いのではなく、ワインドアップの仕方が悪いだけなのです。言い方を変えれば、ワインドアップでコントロールが悪い投手は、セットポジションでもコントロールは悪いはずです。

しかし中には、どうしてもワインドアップだとリズムが取れないというピッチャーがいます。僕もそうなのですが、そういうピッチャーの場合はムリしてワインドアップで投げる必要はありません。僕の場合レッグレイズで左脚がトップに来た時、グラブが顔の前にあるのが一番投げやすいんです。するとワインドアップにより上からグラブを持ってくるよりは、ノーワインドアップで下からグラブを顔の前に持ってくる方がリズムが良くなるんです。

大切なことはパフォーマンスの良し悪しを(見た目の)フォームのせいにしないことです。パフォーマンスの良し悪しには必ず理由が存在します。その理由を理解せずに、何も改善できないままセットから投げてしまうのでは、あまりにもったいな過ぎます。ですのでワインドアップだとコントロールが乱れてしまうというピッチャーは、なぜワインドアップだとコントロールが乱れてしまうのかを明確にしてください。セットポジションにするのは、それからでも遅くはありません。

ちなみに常に火消し役として登場するリリーバーであれば、常にセットポジションで投げた方が良いかもしれません。火消し役の登場場面では、必ずランナーが塁を賑わしていますからね。

月額650で受講できるCoach Kazのオンデマンド野球塾

最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
IMG_2472.jpg

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム レッグレイズさせた時のつま先はどうすべきか
次のコラム ジャイロボールは実在し、これがその投げ方

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾