Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコース(完売)スラッガー養成コース(完売)の10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2011年05月09日

子どもの肘痛は遺伝性である可能性もある


子どもの肘痛にはいくつかの原因が考えられます。まず1つ目は、やはり大人同様に投げ方の悪さ。そして2つ目は筋力不足。さらに3つ目は遺伝性による肘痛です。つまり兄弟で野球をやっていてお兄ちゃんが肘痛になれば、弟も肘痛になる可能性が高いということです。

これは離断性骨軟骨炎と呼ばれる症状なのですが、子ども(11歳前後の男女)の場合だいたい0.3~1%の割合で起こると言われています。そしてこれは野球少年に特化された症状ではないため、これをひとくくりに野球肘と呼ぶことはできません。サッカー少年にもバスケ少年にも、陸上少女にもバレーボール少女にも起こる可能性があります。

この場合、放っておけば治る可能性もあります。しかし重要なのは、痛みがあるうちは休むということを大前提にするということです。そしてこれは投げ方の問題ではないため、良い投げ方をしていても起こる可能性があるので注意が必要です。

子どもに起こる離断性骨軟骨炎は、休むことで治る可能性もある症状です。ですが痛みがある状態で我慢してプレーを続けてしまうと、治るものも治らなくなってしまいます。いえ、この言い方は正確ではないですね。治るはずのものを悪化させてしまうことがある、というのが正しい表現かもしれません。

肘が痛いと言って病院に行くと、炎症だと診断されて消炎剤を処方されることがあります。もちろんこの処方が悪いという話ではないのですが、しかし炎症というのは、炎症そのものが痛みを引き起こしている根源ではありません。炎症は、その部位で何か問題が起こっているからこそ起こるものであり、炎症を抑えるだけでは肘痛に対する根本的な解決にはなりません。

炎症というのは、その部位で起こっている問題を身体が自ら治癒しようとする際に起こる生体反応です。ですので、この炎症を起こしている根源を見つけられない限り、それは肘痛の治療にはならないわけです。

さて、子どもの肘痛は遺伝性である可能性もあると先述しましたが、その説明を最後に付け加えておこうと思います。子どもの骨は日に日に成長していきます。そして骨が成長するのに必要な栄養は、血管から骨へと入っていきます。この時の血管の骨への入り方には個人差があり、その個人差が遺伝性によるところが強いのです。

つまり、血管から骨へと栄養が送られる際、送られ方によって骨の成長にバラつきが出てしまうことがあります。この成長のばらつきにより、肘痛を引き起こしてしまうのです。そして放っておけば治るとも書きましたが、この成長していく過程でのバランスが、成長するつれて整えられて行けば治るというわけです。逆に痛みがあるのにプレーを続けてしまうと、このバランスがさらに崩されていき、生涯に渡り肘痛を抱えなければならなくなることもあるというわけです。

ですので野球少年・野球少女を抱える親御さんは、もしお子さんが肘が痛いと言った場合、絶対に無理はさせないでください。子どもの肘が痛いという現象には、必ず理由があります。その理由が明確になり、改善されるまでは、ボールを投げさせるべきではありません。例え目の前の大事な試合に出られなくなったとしても、その子の将来を考えれば、心を鬼にしてでも治るまでは休ませるべきなのです。

そして肘痛が癒えるまでは、水泳や剣道、サッカーや陸上という野球以外の競技を楽しませ、再度野球に繋げていってみてはいかがでしょうか。子どもにとって、野球をすることだけが野球のためになるとは限りません。例えばメジャーリーグで活躍する松坂大輔投手は、子どもの頃は野球だけではなく、水泳や剣道もやっていました。水泳により柔軟で強靭な肩を造り、剣道により速球を投げるために必要な背筋を作り上げたというわけですね。


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー
ピッチングとバッティング、両方のコーチングを同時に受けられるパスポートコーチングの受付は、2018年8月26日で終了となりますので、お早めにご相談くださいませ。


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:少年野球
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 野球肘の原因は、投げ方の悪さにある
次のコラム 腹筋をして治る野球肩もある

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.