タグ「SLP理論」が付けられているもの

slp20140430.gif

まず上記の図をご覧ください。赤い点線がTeamKazオンライン野球塾が推奨するストライドラインです。そしてこのラインを用いて投げる動作を、TeamKazオンライン野球塾ではSLP理論と呼んでいます。ストライド・ライン・ピッチングの略です。

一般的には青い点線を用いてストライド(ステップ)していく投手も多いようですが、TeamKazオンライン野球塾が研究している限りでは、青いラインを使って投げると確かに体は楽になるのですが、しかし同時に体が開きやすくなるのです。右投手なら着地後の左膝が一塁側に割れてしまい、シュート回転しやすくなります。

一方赤い点線を用いて投げると、体は少しきつくなります。ですが体が開きにくくなるため、ストレートのバックスピンをきれいにかけられるようになり、伸びのあるお辞儀をしないストレートを投げられるようになります。

SLP理論というのは、この赤い点線を用いた投球理論となります。極力この両足で作るストライドライン上(赤い点線)で、手に握ったボールと軸脚骨盤を動かしていきます。そうすることによりボールの伸びだけではなく制球力もアップさせることができ、更には腕が遠回りしにくくなるため、肩や肘への負荷も大幅に軽減させることができます。

SLP理論を実際に投球動作内に導入していくためには、様々な細かい動作調整が必要となります。両肩関節の内旋外旋、肩甲骨の動かし方、胸郭の割り、骨盤の運び方、両股関節の内旋外旋、上半身と下半身の割りなどなど、書き出せば切りがなくなるほどたくさんの細かい動作です。ですがもちろん、それらをすべて完璧に使う必要はありません。完璧であればそれが一番であるわけですが、しかしそれ以上に大切なのは、最終的に自然な動作として投げられるかどうかです。

制球力という面で見ていくと、赤い点線を使っても青い点線を使っても、線が直線でなくなると制球力は大幅に低下してしまいます。ストライドラインが折れてしまうということは、曲がった矢を射ることや、軸棒が曲がっている竹とんぼを飛ばすのと同じことです。もしくは湾曲したバットでボールを打つ動作と同じと言うこともできます。当たり前すが、曲がった道具を使えばベストパフォーマンスを発揮することはできません。そして投手にとってこの道具となるのが、ストライドラインなのです。

ストライドラインは足部で作ります。つまりピラミッドであれば、一番下の段です。もしピラミッドの一番下の積み方がいびつであれば、それより上を安定させることはできませんよね。ピッチング動作もそれとまったく同じで、このストライドラインを最適化し、それを安定させることができなければ、足首から上を安定させることができません。ということは当然、制球力は低下してしまいます。

ちなみに上述した細かな動作調整ができないまま、ただ赤い点線だけを見てSLP理論を実践しようとしてしまうと、不自然な投げ方になってしまう恐れがあります。例えば握ったボールが遠回りしないように腕を変に縮ませてしまい、肘をロックさせて投げてしまうこともあります。肘をロックさせてしまうと、これは肘を痛める非常に大きな原因となってしまいます。ですのでSLP理論による投球動作を正しく身に付けるためにも、必ず適切な知識を持ったコーチの下で動作改善をしてください。例えばTeamKazオンライン野球塾のコーチと同じだけの投球動作知識を持っているコーチが身近にいれば、TeamKazオンライン野球塾のコーチングを受ける必要はないわけなのです。

しかし何十年も野球指導に携わっている方であっても、本当に正しい知識を持っている指導者は決して多くはありません。私たちも仕事柄、学生野球の指導者とお話をする機会も多いのですが、未だに20年前の技術理論で指導されている方がほとんどです。ですがスポーツ医学、スポーツ科学は日進月歩で進歩しています。指導者は、それらをしっかりと勉強する必要があります。

さて、話が少し逸れてしまいました。SLP理論を投球動作に導入すると制球力アップ、球威・球速のアップ、故障リスクの軽減といういくつものメリットがあるのです。今まで楽な投げ方をしていた投手にとっては少しきつい投球動作になるかもしれませんが、しかし導入して生じるデメリットはほとんどありません。大きなデメリットとすれば、これを適切に指導できるコーチが全国的にほとんどいない分、TeamKazオンライン野球塾の高額なコーチングを受けなければならないという点でしょうか。こればかりは申し訳ありませんが、どうぞご了承くださいませ。

ちなみにTeamKazオンライン野球塾でコーチングを担当するのは、最高の指導技術、知識を持った者のみです。アルバイトや経験の少ないコーチが指導を担当することは、一切ありません。

TeamKazオンライン野球塾のコーチングは、SLP理論というものを用いて進めていきます。SLPとはストライド・ライン・ピッチングの略語で、TeamKazオンライン野球塾が独自に提唱している理論となります。ただ、独自にと言っても突拍子もないことを言っているわけではありません。一流投手や怪我をせず活躍し続けられる投手を何百人も観察をして、その中で発見した共通点を科学的に論理立て、コーチングに活かしているということになります。

そのため、コーチングの中でSLPという言葉が飛び交うことはまずなく、SLPという言葉を一度も使うことなくコーチングを終えることがほとんどです。SLP理論とは、それくらい自然にコーチングの中に組み込まれているのです。

これまでも解説してきたように、SLP理論とはまず肩・肘の故障リスクを軽減させ、制球力を向上させ、球威もアップさせます。ハッキリ申し上げますが、SLP理論を投球動作に組み込んで、損をすることは一切ないのです。唯一デメリットを挙げるとすれば、肩・肘への負荷が大きく、制球力や球威がなかなかアップしない投げ方をしている投手は、SLP理論を導入する際、投球動作を最初から作り直すことが必要となります。

一方コーチングをご依頼いただいた選手の中には、SLP理論を十分に実践できている投手もいます。そのような場合は基本的なコーチングオファーを受けることはせず、動作解析や結果分析を含めた、プロレベルのコーチングをオススメしています。なぜなら、SLP理論を実践できているのに、改めてそれを学ぶ必要はないためです。

TeamKazオンライン野球塾のコーチングの特徴は、一度で済むことは一度で済ませる、というところにあります。すぐに修正できるようなポイントに長時間を費やし、何度もコーチングに通ってもらうようなことはいたしません。復習に関しては、携帯電話などで撮影した動画を送っていただければ、無料にてできているかできていないかのアドバイスをお送りいたしております。

SLP理論を投球動作に導入すると、みんな同じフォームになってしまうのでは?と思われる方もいるかもしれません。しかしその心配はありません。TeamKazオンライン野球塾で見るのは投球モーションであり、投球フォームではありません。つまり上投げでも下投げでも、トルネード投法でもマサカリ投法でも良いのです。

TeamKazオンライン野球塾では見た目のフォームではなく、投球動作(モーション)の機能の部分を見ていきます。そのため選手の個性を消すこともありません。選手の個性を活かし、怪我を予防し、パフォーマンスをアップさせていく、それがSLP理論を用いたTeamKazオンライン野球塾のコーチングなのです。

SLP理論とは、ストライド・ライン・ピッチングの略語です。このネーミングの通り、SLP理論によるコーチングは、ストライド・ラインを重視して進めていきます。たくさんの好投手たちの投球動作を分析していくと、ある共通した動作があります。それがこの理論の根本であるわけですが、長年安定した成績を残せる投手ほど、スローイングアームをストライド・ライン上でスウィングさせているのです。

スローイングアームを、ストライド・ライン上でスウィングさせるだけであれば、誰にでもできます。しかしそれが適切な動作で、そのような形になっているかを見ていけば、決して簡単なことではないのです。例えば腕を縮こまらせてスウィングをすれば、スローイングアームをストライド・ライン上でスウィングさせることはできます。しかしこれでは当然球威はアップしませんし、肩肘へのストレスも大きくなってしまいます。

だからこそ、適切な動作をマスターすることにより、スローイングアームをストライド・ライン上でスウィングさせていく必要があるのです。繰り返しますが、この動作をマスターすることは簡単なことではありません。投球動作を分解し、いくつもあるフェイズ(段階)すべてで適切な動作を行うことができなければ、好投手に共通するSLP理論動作を習得することはできません。

このコーチング方法は、個性を奪うことはありません。例えば投球フォームはトルネード投法でも、マサカリ投法でも、ザトペック投法でも良いのです。TeamKazオンライン野球塾が独自に提唱するSLP理論によるコーチングは、フォーム(見た目の形)ではなくモーション(動作)を見ていきます。モーションさえ改善することができれば、フォームはどのようなフォームでも構わないのです。

しかしもちろん、時にはフォームを根本的に見直す必要があるケースもあります。そのような場合は本人、そして親御さんに説明をし、承諾を得たのち、抜本的な投球動作改善に入っていきます。

SLP理論による投球動作をマスターすることができれば、まず制球力がアップします。その理由は、リリースポイントが劇的に安定するためです。さらにこの動作をマスターすることができれば、球威をアップさせることもできます。その理由は、ボールを加速させるための動作を最良の形に近付けることができるためです。さらにこの動作をマスターすることができれば、ボールを投げた際の衝撃を上手く分散させられるようになるため、肩肘の故障リスクを下げることもできるのです。

SLP理論は無敵でも、完璧でもありません。しかしこの理論動作をマスターすることができれば、多かれ少なかれ、ピッチングパフォーマンスは必ずアップさせることができます。もし適切な動作をマスターし、怪我のリスクを軽減させてパフォーマンスをアップさせたいとお考えなら、ぜひ一度TeamKazオンライン野球塾までご相談をお寄せください。お待ちしております。

SLP理論とは、選手が100人いれば100通りの指導法があるとお考えいただければと思います。SLPとは、ストライド・ライン・ピッチングの略語となります。ストライド・ラインとは、前足を振り上げて着地させた地点と、軸足のスタート地点、そしてキャッチャーミットを結んだラインとなり、SLP理論によるコーチングは、このラインを大切に考え指導を進めていきます。

どんな投手であっても、投球動作内には必ず良いところと悪いところがあります。SLP理論によるコーチングでは、まずそれを徹底的にチェックしていきます。つまりコーチングをしていく投手の動作状態を、細かく分析していくということです。これにより可能になるのは、教科書通りの指導ではなく、選手の個性に合わせた指導です。

例えば投球動作の中に「できれば直したい」という動作があったとします。ですがもしその動作が、その投手の投球動作のリズムを司っていた場合、その動作を改善してしまうことにより、逆に投げるボールが改悪されてしまう恐れがあります。

投手の動作個性を見抜くことのできないコーチの場合、悪いと思ったポイントを無暗に直そうとしてしまい、結果的にその投手独特のリズムを奪ってしまう結果にもなります。しかしプロフェッショナルの目で投手をしっかりと観察し、動作個性を的確に掴むことができれば、直す必要のない投球動作の悪い部分も見えてきます。

教科書的には直した方が良い動作であっても、実は直さない方がその投手にとってプラスになる場合が多いのです。その場合は欠点を治すのではなく、長所をさらに伸ばすためのコーチングを行っていきます。そのようなコーチング方針を取っているため、TeamKazオンライン野球塾には100人選手がいれば、100通りの指導法があるわけなのです。

野球教則本などで得た知識を選手に伝えるだけでは、コーチングとは言えません。それはティーチングです。コーチングとは、選手がさらにパフォーマンスを向上していけるように、そして選手がレベルアップする過程で道に迷わないように導いてあげるのが役目です。コーチが、自分が知っている知識を無暗に選手に伝えることは、時と場合によってはエゴにもなりかねないのです。

TeamKazオンライン野球塾のコーチングを受けると、ほとんど全員の選手がパフォーマンスアップを実現することができます。なぜこれほど確実にコーチング効果が表れるかと言えば、それこそが100通りの指導法にあるというわけなのです。TeamKazオンライン野球塾では必ず、その選手にとって今必要なこと、そして将来的に必要なことを指導しています。教則本などではダメだとされている動作であっても、それがその選手にプラスをもたらしているのであれば、個性として残し、あえて打ち消す必要はないわけなのです。

これがSLP理論の考え方の一部です。SLP理論とはストライド・ライン・ピッチングの略語ではありますが、コーチング理論としてSLP理論を捉えるならば、これは非常に広義となります。ですのでその部分を今後も少しずつ、投手育成コラムで書いていきたいと思います。乞うご期待ください。

もし今回のコラムがお役にたてたなら、TeamKazオンライン野球塾facebookページにて「いいね」をお願いします。

SLP理論の特徴の一つは逆算式コーチング

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

TeamKazオンライン野球塾・ベースボール・ラボラトリーの投球・送球コーチングでは、SLP理論というものを用いています。TeamKazオンライン野球塾にご興味をお持ちいただいた方であれば、きっとこのSLP理論に高い関心を抱いてくれているのではないでしょうか。前回・前々回の投手育成コラムから、このSLP理論の紹介を続けているのですが、今回もまたSLP理論についてのお話をしていきたいと思います。

SLP理論にはいくつもの特徴があるわけですが、その中でも今回は逆算式コーチングについてお話をしていきます。逆算式コーチングというのは、投球動作内にある欠点を改善していくための手法です。投球動作内にある目に見えた欠点は、必ずそれ以前の動作過程の中に原因が潜んでいるのです。例えば肘が下がってしまう欠点がある場合、リリース時以前の動作の中に、肘が下がってしまう原因があります。それをコーチの確かな目により的確に見つけ出し、改善してあげるという手法です。

つまりTeamKazオンライン野球塾のコーチングでは、肘が下がってしまう状態を、肘や腕をいじることなく改善していくのです。そのために肘下がりを改善した余り、逆に肘が上がり過ぎてしまうという危険性もありません。肘上がりは、肘下がり同様に肩肘を痛めてしまう原因となります。TeamKazオンライン野球塾のコーチングを受けてくださった方ならお分かりいただけると思いますが、動作内の問題点がいつの間にか修正されているというケースが多くなります。選手からすると、「いつの間に改善されたのだろう?」と思うこともあると思います。TeamKazオンライン野球塾のコーチングとは、そういうコーチングなのです。ですがもちろん、なぜ、どうやって改善したのかは丁寧に説明をしています。

肘が下がっている選手に対し、肘を上げなさいという指導をすることなど、素人でもできることです。しかしTeamKazオンライン野球塾のコーチングは違います。肘が下がっているのならば、なぜ肘が下がっているのかを解説し、その上で適切な改善方法をアドバイスします。ひとえに肘が下がっていると言っても、その原因は選手個々によって異なります。だからこそ経験値の高いコーチがその原因を的確に見つけ出し、その選手に適した改善方法をコーチングしてあげることが大切なのです。

TeamKazオンライン野球塾は現在投手コーチングだけではなく、捕手・内野手・外野手の送球に関するコーチングも行っております。ご興味がある方は、ご質問だけでも構いませんので一度お気軽にお問い合わせください。

SLP理論とはいったい何なのか?皆さんかなり気になっていることだと思います。SLP理論とはTeamKazオンライン野球塾のコーチが、長年かけて投球動作の研究をし、導き出した一つの答えなのです。

SLP理論はTeamKazオンライン野球塾が提唱する独自の理論ではありますが、しかしその理論内容は突飛なものではありません。例えばこれまで活躍してきた多くのプロ野球選手の投球動作を分析していくと、そのほとんどのケースでSLP理論を適用することができるのです。例えばダルビッシュ有投手、前田健太投手、野茂英雄投手などの投球動作を見ていくと、SLP理論が確かに採用されているのです。ですがもちろん、彼らがSLP理論を前提で投球動作を作り上げたわけではありません。SLP理論とはあくまでもTeamKazオンライン野球塾が導き出した理論です。

良い投手というのは、なぜ長年安定して好成績を残せることができるのか?これを明確に説明できるコーチはこれまでほとんど存在しませんでした。ですがそれを明確に説明し、かつ投球動作内に導入することを可能としたのがSLP理論なのです。

SLP理論はどのような投法でも採用することができます。オーソドックスなオーバーハンドスロー、スリークォーター、サイドハンドスロー、トルネード投法、マサカリ投法、サブマリン投法などなど。投球フォームはどのような形でも問題ありません。選手個々特徴のある投球フォームの中に、SLP理論を組み込んでいくだけで良いのです。そうすることにより、肩・肘を故障するリスクを軽減させながらパフォーマンスをアップさせることが可能となります。

ちなみにSLP理論は投手だけのものではありません。捕手、内野手、外野手の送球動作の中にも組み込んでいくことができます。TeamKazオンライン野球塾にもいよいよ野手育成コースが登場したわけですが、このコースのコーチングの根底にももちろん、SLP理論の存在があるのです。

SLP理論を投球・送球動作の中に組み込み、故障のリスクを軽減させ、同時にパフォーマンスアップを実現したいという選手はぜひ一度ご相談ください。

TeamKazオンライン野球塾は、SLP理論を用いた投手コーチングを行っています。SLP理論とは、TeamKazオンライン野球塾のコーチが投球動作の研究を重ねて導いた理論です。SLPとはStride Line Pitchingの略語です。理論としてはTeamKazオンライン野球塾独自なもので、SLP理論を用いてコーチングを行えるのは、世界でTeamKazオンライン野球塾のみとなります。

SLP理論のメリットは、肩・肘の故障リスクを軽減させた上でパフォーマンスを向上できるという点にあります。これまですでにたくさんの選手をSLP理論を用いてコーチングしてきましたが、肘痛に悩んでいた投手の肘痛は改善され、制球力に悩んでいた投手のコントロールも安定するようになりました。さらには筋力トレーニングをしても思うように球速が伸びなかった投手も、SLP理論を用いることにより、すぐに球速をアップさせていくことができました。

SLP理論とは、難しい数々の理論を一つにまとめたものだと考えてください。SLP理論をマスターすることができれば、他の理論技術も同時にマスターすることができます。ですがSLP理論は簡単にマスターをすることはできません。コーチによる丁寧で細かな指導があり、全5回のコースを受けていただいて、初めてマスターすることができる理論なのです。

球速や球威がアップしてコントロールが良くなったとしても、故障のリスクを軽減させることができなければ意味はありません。逆に故障のリスクを軽減させられたとしても、パフォーマンスがアップしないのでは仕方ありません。ですがSLP理論を用いれば、その両方を実現させることができるのです。それを同時に可能とする方法をコーチが長年研究し、導き出した答えがSLP理論なのです。

あなたもSLP理論をマスターすることによって、怪我なくパフォーマンスアップしていける投球・送球動作を体得してみませんか?SLP理論を用いたコーチングに関しては、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。