ティーバッティングについて書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > 時速0キロのボールを打つティーバッティングが最適な理由

時速0キロのボールを打つティーバッティングが最適な理由

  • ホームランは腕力ではなく技術で打つ!
  • ちょっと重いけどバックスピンティーもオススメ
  • 時速0キロのボールを打つティーバッティングがオススメ!

スマホだけで受講できる即効性が売りのオンライン野球塾[PR]

10周年を迎える野球塾のオンライン講座が今一番人気! お子さんの打率・長打力がアップしない原因と、アップさせる方法をわかりやすくコーチングいたします。 バッティングだけではなく、野球に関することなら何でもご相談いただけます。 正しい基礎が身に付けばドンドン上達していくことができ、 その正しい基礎をわかりやすく学べるのがこのオンライン野球塾なんです。(¥3600~)
今すぐ上達したいならこちらのページへGo!


バッティングの効果的な練習方法を聞かれた時、僕がまずお答えするのはティーバッティング(置きティー)です。これが良いフォームを作る作業では最も効果的な練習方法です。時速0キロのボールを力強く打っていくためには、しっかりとした良いフォームで打つ必要があります。しかも1人でもできる練習ですので、何よりもまずは、僕はティーバッティングをオススメしたいのです。

ホームランは腕力ではなく技術で打つ!

ティースタンドをお持ちでない場合は、誰かにティーアップしてもらって打っても良いと思いますが、そうなると2人いないとできなくなってしまいます。ティースタンドは安いものだと2000円くらいで買えますので、1つ持っているととても便利です。ただ、安いものだと打つたびに倒れてしまうため、100円ショップなどで売られているペグで固定すると良いと思います。

ティーバッティングでも、さらに良いのはロングティーです。もちろんロングティーを行える場所がない地域の方が多いとは思いますが、もし場所がある場合はロングティーを頻繁に行うと良いと思います。ロングティーでは、腕力に頼って打つだけでは大した距離を打つことはできません。下半身から上半身にかけて上手にエネルギーを伝えていかなければ、ロングティーでは遠くには飛ばせません。ちなみに埼玉西武ライオンズの中村剛也選手や山川穂高選手などは、ホームプレートからロングティーを打ち、時速0キロのボールをスタンドインさせられる技術を持っています。そうです、彼らは腕力ではなく、技術でホームランを打っているんです!

ちょっと重いけどバックスピンティーもオススメ

硬式野球の場合、バックスピンをかけることによって飛距離を伸ばしていくわけですが、数年前に登場したバックスピンティーというティースタンドも便利です。実は僕も購入したのですが、野球塾のコーチングでは使っていません。というのは、単純に重すぎて持ち運ぶのが難しいためです。ちなみに中村選手や山川選手はバックスピンティーではなく、通常の置きティーを使っています。

バックスピンティーを使うと、確かに簡単にバックスピンをかけて打てるようになります。しかし普通の置きティーでも、良い形で打つことができればちゃんとバックスピンをかけることができます。ですので両方使ってみた者の感想としましては、置きっぱなしにできるのならバックスピンティーを購入してもいいのかなと思いますが、毎回片付けなければならなかったり、持ち運びする場合はバットケースにも入れられる普通の置きティーが良いと思います。

時速0キロのボールを打つティーバッティングがオススメ!

ティーバッティングのポイントは、時速0キロのボールをどこまで加速できるか、というところにあります。ですのでスピードガンとセットで行うと、より効果的です。スピードガンはどこかに固定して、トリガーをテープなどで押しっぱなしにしておけば、1人でもこの練習を行うことができます。ただ、スピードガンは安くても3万円前後しますので、必ずしも持っている必要はありません。ただ、高価な複合バットを購入するよりは良い投資になるとは思います。

ティーアップされたボールや、バッティングセンターのボールにはそれなりのエネルギーが加えられていますので、当てられれば良くないフォームでも簡単に強い打球を打つことができます。しかし置きティーの場合はそうはいきません。良いフォームで、ボールの良いポイントを打っていかなければ、打球を上げることも加速させることもできません。また、腕力に頼って打つとバットスウィングの波動に乱れが生じ、その波動がボールに伝わることによってボールの飛距離が低下します。

素振りもフォームを作るという意味で非常に大切な練習ではありますが、それ以上に効果的なのはやはりティーバッティングです。少しでも多く加速させ、少しでも遠くへ飛ばせるように、まずは良いフォームを理論的に頭で学び、そのフォームを体現できるように練習を繰り返していくようにすると、上達への近道へと繋がっていくはずです。



2020年は10周年!コーチング内容には絶対的な自信を持っています。だからこそ全額返金保証なんです!

【詳しくは各コースページへGo!】
制球難克服コース球速アップコース打率アップコース長打力アップコース野球肩野球肘克服コース通信講座野球塾オンデマンド野球塾

最新のスラッガー養成コラムは2020年02月13日(木)公開の
『筋トレにしかならない素振りをしている選手は要注意!』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 少年野球の現役監督でもビックリする理論的な野球指導法
次のコラム バッティングにおける軸足の役割とは?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾