一塁盗塁について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

後半戦から一塁に盗塁できるようになるアメリカ独立リーグ

  • いくつもの弊害も予想できる一塁への盗塁
  • 一塁に盗塁をすると打数はどうなるのか?!
  • デメリットばかりではない一塁盗塁という新ルール

マンツーマン野球塾 Kazコーチのマンツーマン野球塾
超お得な夏休み限定パック新登場! (先着5名様限定)

2019年の後半戦、MLBと提携しているアメリカの独立リーグが革新的なルール変更を行うことになりました。それは打者走者の一塁への盗塁。今までは2ストライク後のみ振り逃げができるというルールでしたが、このルール変更が行われると、カウントに関係なく打者走者は一塁を狙えるようになります。

いくつもの弊害も予想できる一塁への盗塁

このルール変更が吉と出るか凶と出るかはやってみなければわかりません。挑戦する前から否定的な意見でチャレンジを妨げることはすべきではないと思います。でも確かに予想できる弊害は少なくありません。例えばパスボールやワイルドピッチは、これまでは基本的には走者がいなければそれほどケアする必要はありませんでしたが、今後は振り逃げができるカウント以外でもケアする必要があり、思い切って変化球を投げることが難しくなる可能性があります。

また、3フットラインの存在も再考が必要かもしれません。パスボールなどで一塁への盗塁をする場合、ファールエリアから一塁にボールが転送されるケースが多くなります。すると走者が仮に3フットラインを走ってしまうと、一塁手からすると送球と打者走者が重なるケースも多くなり、これはコリジョンルールの概念とは逆を行ってしまう形になります。

一塁に盗塁をすると打数はどうなるのか?!

さらに考えていくと、仮に打者走者が途中で盗塁を諦めた場合はどうなるのでしょうか?二盗であれば、一塁走者は一塁ベースに戻ることができます。しかし一塁への盗塁の場合、打者走者はホームプレートに帰塁することになるのでしょうか?それとも一度盗塁を企画したら、一塁ベース以外を目指すことはできなくなるのでしょうか。仮に振り逃げとまったく同じルールになるのであれば、打者走者はもう一塁ベースに向かって走るしかなくなるのでしょう。

しかし振り逃げと同じルールであるならば、一塁に盗塁すれば盗塁は記録されるのかもしれませんが、しかし記録上は三振になってしまうのでしょうか。それとも打数としては数えないのでしょうか。疑問として思い浮かぶことはこのように多々あるわけですが、でも新しいことにチャレンジすることは素晴らしいことだと思います。チャレンジしてみてイマイチだったら廃止してしまえば良いと思います。

デメリットばかりではない一塁盗塁という新ルール

しかし一塁への盗塁はデメリットばかりではないと思います。バッテリーは今まで以上にワイルドピッチやパスボールをケアしなければならないため、投球技術や捕球技術を今まで以上に向上させようとするでしょう。そして向上すれば一塁への盗塁を阻止できるだけではなく、すでに塁上にいる走者を無駄に進塁させるケースも減っていきます。

近年はバッターの進化ばかりがクローズアップされていますが、この新しいルールによってバッテリーも進化していくことができるのならば、このルールは決してデメリットばかりではないと言い切ることができます。例えばボールの回転方向を考えずにワイルドピッチを捕球しに行っていた捕手も、今後は回転の違いによるバウンド方向の変化もしっかり考えた上で捕球姿勢を作っていくようになるかもしれません。あまり好意的には受け止められていないこの新ルールですが、僕個人としてはとりあえず試してみる価値はあると思っています。

最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
マンツーマン野球塾

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 大谷翔平選手の打ち方を見ながら考えるノーステップ打法


スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾