TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > スラッガー養成コラム > 実は金属バット以上に飛距離を伸ばせる木製バット

実は金属バット以上に飛距離を伸ばせる木製バット


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

金属バットよりも木製バットの方が飛距離が伸びるって本当?!

一般的に打球の飛距離は、木製バットよりも金属バットの方が伸びるとされています。実はこれは正解であり、同時に不正解でもあるのです。

軟式野球の場合はボールの面をバットの面で捉えなければなかなか飛距離はアップしないため、金属バットの方が飛距離は伸びます。しかし硬式野球で打球にバックスピンやトップスピンをかけ、美しい放物線を描くホームランや、球足の速いゴロを打つためには、実は木製バットの方が有利なんです。

そしてもちろん面と面で打った時も、平均的飛距離は金属バットよりも木製バットの方がアップします。そのヒミツは、木製バット特有の「しなり」に隠されています!

金属バットでは使えない弾性力を使えるのが木製バット!

まず、木製バットには面が主に4つあります。木目が楕円形に見える面2つ(板目)と、木目がピンストライプに見える面2つ(柾目)です。バットのしなりを使うためには、木目がピンストライプに見える面でボールを打っていく必要があります。また、木目が楕円形に見える面で打ってしまうとバットは折れやすくなります。

木製バットをしならせる打ち方ができると、「バットの重さ×速度」によるパワーに加え、弾性力(トランポリン効果)も使えるようになります。例えばプラスティックの30cm定規を思い浮かべてみてください。定規の端を手でしっかり持ち、反対の手で定規の反対端をしならせてからその手を放すと、定規をすごい勢いでバチンッ!と弾くことができますよね?これが弾性力であり、この弾性力を使えるのが唯一木製バットだけなのです。

アメリカでは学生も木製バットを使う流れが出来つつある

ちなみに現在アメリカの学生球界では、投手の安全面が考慮され木製バットを使うようにする動きがあります。ですがこれをメジャーリーガー数人が否定しているのです。その理由こそがバットのしなりにあり、木製バットをしならせて打つことができれば、金属バットで打った時以上の打球が投手を襲うことがあるためです。ただしそんな強烈な打球を打つためには、もちろん木製バットの特性を活かせるバッティング技術を身に付ける必要があります。

木製バットにはしなりが使えるメリットと、折れやすいというデメリットがあります。金属バットにはジャストミートしなくてもある程度の飛距離が出て、バットが折れないというメリットと、プロレベルに適用する技術を身に付けにくいというデメリットがあります。

木製バットと金属バットに関するまとめ

それぞれメリット・デメリットが存在していますので、一概にどちらを使うべきだと言うことは誰にもできません。だからこそ選手は自らの打者としてのタイプを正確に見極め、自らのバッティングにフィットしたバットを選ぶことが重要になってくるのだと僕は考えています。

ちなみに木製バットと言っても、ハードメイプルはほとんどしなりません。ハードメイプルは本当に固くて、金属バットに近い打感が特徴です。逆に最もよくしなるのは青ダモです。しかし青ダモは現在希少なため、市販はされているものの、他の材質の木製バットと比べるとかなり高価です。

ですので青ダモのバットを買ったとしてもそれは練習では使わず、試合専用にされた方がいいと思います。実際に埼玉西武ライオンズの中村剛也選手なども練習では青ダモは使わず、メイプル(ハードメイプルほど硬くはない)などで練習しています。

そしてバットの使い方が上手くなると、金属バットよりも木製バットの方が飛距離が出るというような話は、西岡剛選手らをはじめ、何人かのプロ野球選手も口にされています。技術さえあれば、木製バットは金属バット以上の打球を打てますので、硬式野球をされている方はそのあたりも意識しながら練習してみてください。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

オンライン野球レッスン
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが体重移動をしない打ち方をマスターし、打率と長打力を同時にアップさせることに成功しています。あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾