バッティングパワーの計算式。打者のパワーはこうやって測る!

 

パワー=速度×重量

今回のスラッガー養成コラムでは、バットスウィングのパワーの計算方法について解説をしてみたいと思います。パワーというのはスピード×重量で計算するのですが、注意点としては、スピードを秒速に直して単位の桁を重さと合わせることです。
例:100km/h → 100,000m÷60分÷60秒=27.7m/s

では、実際に計算してみましょう。重さ850gのバットを、時速120kmの速度で振った場合、まず速度を秒速に直すと、120km/hは33.3m/sとなります。そして重さはそのまま850gとなりますので、33.3×850という計算式になり、850gのバットを120km/hの速度でスウィングした時のパワーは28,333W(28.3kW)となります。

そしてもう1パターン。900gのバットを110km/hでスウィングした場合は、27,500W(27.5kW)となります。つまり900gのバットは110km/hでしかスウィングできず、850gなら120km/hでスウィングできる場合は、850gのバットを使った時の方がパワーは大きくなるということです。

バットスウィング速度の計測

ちなみに球速を測るガンタイプのスピードガンでは、一般利用向けでバットスウィングの速度を計測できるものはほとんどありません。ですがスピードマスターという商品であれば1万円未満の価格でバットスウィングの速度を計測することができます。

ビヨンドに3〜5万円使うのであれば、1万円前後のバットとスピードマスターをセットで購入する方が練習の質を高められると思います。ただし木製バットでの計測はできませんので、スピードマスターを利用する場合は金属バットでスウィングしてください。また、この製品では投球速度を測ることはできませんのでご注意ください。

✏️コラム著:Kaz(野球専門プロコーチ)
TeamKazオンライン野球塾 もう高価なバットに頼った野球はやめにしませんか? ちゃんとした技術を僕と一緒に身につけて、どんなバットでもヒットを打てる選手になろう! 僕の生徒さんの85%が短期間で打撃成績の大幅アップを達成!

TeamKazオンデマンド野球塾 パソコンの方はこちらをクリックしてください。

 
にほんブログ村 野球ブログへ
他の方の野球ブログもチェックしてみよう!