ストレートの回転軸の傾きについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

回転軸の傾きをスローイングアームで改善することは不可?!

  • 回転軸は車のシャフトをイメージしよう
  • 肩関節を使えば使うほど回転軸は傾いてしまう?!
  • サイドハンドスローが最強の投げ方?!

ストレートの球質(伸び)は回転数だけではなく、回転軸の角度が非常に重要ということを、投手育成コラムでは幾度か書いてきました。どんなに回転数が多かったとしても、回転軸が傾いてしまうとストレートの伸びが向上していくことはありません。ストレートの球質を向上させるためには、回転軸を可能な限り左右まっすぐに、水平にする必要があります。

回転軸は車のシャフトをイメージしよう

車のタイヤをつなぐシャフトをイメージしてください。このシャフトが曲がっていると、タイヤはスムーズに回転することはなくなり、車の性能を活かすこともできなくなります。ピッチャーが投げるストレートも、このシャフトのようにきれいに真っ直ぐになっている必要があるんです。

もちろん完璧に横一文字にすることは難しいわけですが、どれだけそこに近づけられるかが重要なのです。具体的にはこの軸の傾きが5°程度だと、マグナス力というホップ要素を最大限高められるようになり、伸びのある空振りを取れるストレートを投げられるようになります。逆に傾きが10°を超えれば超えるほどマグナス力は低下し、ストレートは失速しやすくなります。

肩関節を使えば使うほど回転軸は傾いてしまう?!

ではどうすればこの回転軸を横一文字にしていけるのでしょうか?その答えは股関節が握っています。ボールを持っている間はほとんど肩関節を水平内転させずに、非軸脚側の股関節の内旋動作だけでボールを加速させられるようになると、バックスピンの回転軸の傾きを最小限に抑えられるようになります。

逆にスローイングアームをメインに使って回転数を増やそうとすると、回転軸は必ず大きく傾くようになり、シュート回転やスライダー回転になってしまいます。そしてシュート回転やスライダー回転が加わってしまうと、これはもうストレートとは呼べなくなりますので、伸びを追求することもできなくなってしまいます。

サイドハンドスローが最強の投げ方?!

僕は常々、股関節を最良の形で使いこなせているサイドハンドスローが最強であると選手たちには伝えています。もちろんサイドハンドに転向しましょう、という話ではなく、あくまでもスポーツ物理学的な話としてなわけですが、サイドハンドスローで股関節を最良の形で使えるようになり、きれいなバックスピンストレートを投げられるようになると、ストレートの伸びとスピードガンの数値を同時に向上させられるようになります。

日本ではなぜか「サイドハンドスロー=良くない投げ方」と認識されることが多いのですが、そんなことはありません。メジャーリーグでも多くのスピードボールピッチャーはサイドハンドスロー、もしくはロースリークォーターで投げています。ビッグユニットこと、世界最強投手だったランディ・ジョンソン投手もサイドハンドスローでしたね。サイドハンドスローは体軸と運動軸を重ねて使いやすくなるため、ボディスピンを最も鋭くしやすいんです。だからこそ股関節を使いこなすことさえできれば、サイドハンドスローが最強の投げ方であると言うことができるわけなんです。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 並進運動=回転運動を成り立たせるための股関節の使い方
次のコラム シュート回転を修正するために知っておくべき原因動作

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾