フォークボールの原理

トップページ > 投手育成コラム > フォークボールが落ちる原理とスプリッターとの棲み分け

フォークボールが落ちる原理とスプリッターとの棲み分け

  • フォークボールが落下する原理とは?
  • どんな投手にフォークボールが合うのか?
  • フォークボールは投手にとって諸刃の剣!

フォークボールの原理というのは非常にシンプルです。投げるボールにバックスピンをかけないことにより、マグナス力という揚力を発生させず、空気抵抗と重力によってボールを落下させていきます。魔球にもなりうる球種ですが、しかし肘を痛めやすいので注意が必要です。


フォークボールの投げ方は、人差し指と中指を最大限開き、ボールの真横と反対側の真横にその2本の指を置きます。そしてサッカーの無回転シュートのようにボールにバックスピンを与えないようにリリースしていきます。このリリース時に手首を使ってしまうと余計な回転がかかってしまい落ちなくなるため、手首はストレートを投げる際と同様に、真っ直ぐな状態でロックしておく必要があります。

フォークボールは人差し指と中指だけで挟んで投げるボールなわけですが、しかしこの握り方のデメリットは、同時に薬指と小指にも力が入りやすいという点です。このデメリットは決して小さいものではありません。薬指と小指の筋というのは、肘関節に直結しているんです。つまり薬指と小指がロックされてしまうと、投球時に肘までロックされやすいということになり、ロックされた動きにくい状態で使わざるを得ないために、肘にかかるストレスが非常に大きくなってしまうんです。

また、フォークボールは肩関節の内外旋も浅くしてしまいます。するとトップポジションそのものも浅くなってしまい、手のひらがずっと正面を向いたままアクセラレーションフェイズを進むことになってしまいます。すると肘の内側にかかるストレスが大きくなり、内側側副靱帯を損傷しやすくなります。

フォークボールは投手にとってはまさに諸刃の剣です。魔球にもなりますが、怪我もしやすいんです。ですのでストレートが速い投手はフォークボールよりも、スプリッター(SFF)を選択した方が怪我予防という意味では良いかもしれません。ストレートが遅い場合はスプリッターは大きな武器にはなりませんが、速い場合はスプリッターもフォークボール同様大きな武器となり、しかも肘へのストレスもフォークボールよりは小さくすることができます。

球速が速ければ速いほど、フォークボールの肘への負荷は大きくなりますので、球速が遅い投手はフォークボール、速い投手はスプリッターという投げ分けをすると良いかもしれませんね。球速が遅ければ、フォークボールを多投しても肘にかかるストレスは最大限までは行きにくくなります。ぜひこの辺りも踏まえながら、フォークボールとスプリッターの選択をしてみてください。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 菊池雄星投手の松ヤニ使用疑惑から考えられること
次のコラム 球速がアップするフォームの習得はコツを学べば難しくない
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾