ディッピング,スナップスローについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投球動作の常識として未だに指導されている4つの非常識

投球動作の常識として未だに指導されている4つの非常識

  • 軸脚の膝を曲げて重心を下げるのは間違い!
  • 手首を使って投げるのも間違い!
  • 腕を大きく使って振るのも間違い!
  • 制球難を横投げで解決しようとするのも間違い!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

今回の投手育成コラムでは、日本の野球指導現場の多くで常識として指導されている非常識をいくつかご紹介したいと思います。もし下記のような指導を未だに行っている指導者がいるとすれば、それは野球技術の理論をまったく勉強されていないコーチですので要注意です!


(1)椅子に座るように軸脚の膝を曲げて重心を下げる
この動作はディッピングモーションと言って、メリットが一つもない動作です。まず右膝を深く曲げることにより、エネルギーを投球方向ではなくて地面に向けて使うことになり、球速は大幅に低下します。そして右膝を深く曲げるほどストライドが狭くなり、重心が高くな踏ん張りが弱くなり、手投げでしか投げられなくなります。さらには右膝を曲げたことにより、軸足でプレートを蹴らなければ並進運動に移行することができなくなり、軸足でプレートを蹴ることで非軸足のランディングが不安定になり、制球力を低下させます。また、プレートを蹴ると上半身が前へ突っ込みやすくなり、ボールを加速する距離が短くなり、これも球速の低下につながります。

(2)手首のスナップを使って投げる
日本では昔からスナップスロー(素早く投げるという意味)の意味が間違えられており、公認野球規則にさえ間違ったことが書かれています。スナップスローとはテイクバックを取らず、捕球後すぐにトップポジションに持ってきて素早く投げる内野手と捕手の投げ方のことです。決して手首を使って投げる動作(リストスローイング)のことではありません。ちなみにテイクバックを取る投手と外野手の投げ方は、スナップスローに対しフルアームスローと言います。手首を使って投げてしまうと高低の制球力は大幅に低下します。また、手首を使えば使うほどバックスピンの回転数は減り、伸びのないストレートになってしまいます。

(3)コントロールが悪いからサイドハンドスローに転向
例えばかつての斎藤雅樹投手のように、脊柱軸を立てて使っていたオーバーハンドスローの投手がサイドハンドスローに転向すれば、スローイングアームと軸の動き方が一致するようになるためパフォーマンスアップが期待できます。しかしそうではなく、ただ制球力を上げるためにサイドにするという考え方は、プロ野球界でさえも未だに行われていますが、完全に間違いです。制球力を低下させている原因は腕を振る高さではなく、他の動作部分に多々原因が潜んでいます。その原因を改善しない限り、何スローに転向して制球力は絶対に向上しません。ただしサイドハンドスローの場合は、高低の制球は安定させやすくなります。しかし内外の制球は逆に難しくなります。

(4)腕は大きく振って投げる
これも間違いです。腕はコンパクトに振ってください。大きく振れば振るほど慣性モーメント(遠心力)が大きくなり、ローテーターカフ(肩のインナーマッスル群)が必要以上に引っ張られることにより損傷し、野球肩になります。そして腕を大きく振り、ボールを体から遠いところで扱うほど制御できなくなり、制球力は大幅に低下します。また、腕を大きく振ることによりボールがバッターから見えやすくなり、どんなに速いボールを投げても、どんなに鋭い変化球を投げても打たれやすくなります。

今回は以上の4つをご紹介しておきたいと思います。身近に上記のような指導をしている指導者はいませんか?もしそのような指導者がいるチームでお子さんが野球をしているのならば、野球肩・野球肘にさせないためにも、パフォーマンスアップの近道を通るためにも、お近くの野球塾に一度通ってみることをお勧めいたします。その際はできる限り、当野球塾のコーチ同様に野球動作、野球技術、解剖学、スポーツ科学などの勉強をされているコーチがいる野球塾を探すようにしてくださいね。
その練習法をいつまでも続けていても
ほとんど上達しないかもしれません!

littlerockheart.com
なかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ! 練習をする前に、まず上達できる動作を学んでください。そのあとで練習をすればメキメキ上達します!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 左投手のクロスファイアーを当野球塾では推奨しない理由
次のコラム 投球動作で踏ん張れない理由は十人十色で、これが手投げの原因!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾