クロスファイアー,左投手,野球について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 左投手のクロスファイアーを当野球塾では推奨しない理由

左投手のクロスファイアーを当野球塾では推奨しない理由

  • 左投手のクロスファイアーは本当に有用なのか?!
  • 当野球塾ではクロスファイアーで投げるべきではないと指導
  • プロでほとんど怪我せず投げ続けた左投手にクロスファイアーはいない?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

左ピッチャーはクロスファイアーで投げるのが良い、とは昔から言われていることです。確かにクロスファイアーは打ちにくさはありますが、しかしわたしのコーチングではクロスファイアーは推奨していません。なぜなのか?繰り返しますが、確かに打ちにくくなります。しかし肩への負担が大き過ぎるのです!


野球選手にとって一番大切なことは、勝つことよりも、負けないことよりも、まずは怪我をしないということです。それ以上に大切なことなどあるはずないのです。怪我を我慢して試合に出て勝つ、これは時に美談として語られますが、これは怪我をしっかりと理解し、できる限りのサポートをしてくれるトレーナーが付いているプロ選手のみに当てはまることです。

では左ピッチャーのクロスファイアーはなぜ肩への負担が大きくなるのか?まずボールは右股関節(右投手なら左股関節)を使って投げるものです。しかしクロスファイアー(大きなクロス・インステップ)で投げてしまうと、ランディング後に右股関節を最大内旋させていくことができなくなり、体重移動も最後まで終えられなくなります。

では股関節を使えないとどこを使って投げるようになると思いますか?答えは簡単ですね、肩です。肩の水平内転を使って投げるようになってしまうため、肩の中心から後方にかけての筋肉、特にインナーマッスルが必要以上に伸ばされてしまい、肩を痛めてしまうリスクが大幅に高まってしまうんです。

もしクロスファイアーで投げるのならば、もしくはクロスファイアーで投げるように選手に指導するならば、この肩に対するリスクをしっかりと選手、もしくは親御さんに説明をしてから取り組むべきです。「打者が打ちにくくなるから」という理由だけでクロスファイアーで投げさせるのは、指導者としてはあまりにも無責任です。これでは「勝てれば選手の怪我なんて知ったことじゃない」と言っているようなものです。

ある野球強豪校は、左ピッチャーにはキャッチボールの段階からクロスファイアーで投げさせているそうです。その高校からプロ入りした左投手はプロ入り後、調子が良いと活躍できるのですが、ほとんど毎年のように肩の不調に悩まされています。もしかしたらクロスファイアーで投げさせられていた頃の肩関節の動き方を、筋肉がまだ忘れ切れていないのかもしれませんね。

大切なのでもう一度言いますが、野球選手にとって最も大切なことは怪我をしないことです。怪我をすれば練習ができず、練習ができなければ上手くなることはありません。しかし怪我さえしなければ地道な練習を続けることができ、上達速度こそ人それぞれではありますが、着実に上手くなっていくことができます。

ちなみに体の負担が少ない良い形で投げれば、質の良いボールを投げられるようになり、質の良いボールを投げられれば、クロスファイアーなど採用しなくても勝てる投手になれるんです。プロ野球で長年ほとんど怪我をすることなく1軍で活躍し続けた、もしくは活躍し続けている左投手の中に明らかなクロスファイアーで投げている投手はいません。この事実を決して忘れないでください。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ドカベン完食の強制は野球選手にとってデメリットばかり!!
次のコラム 投球動作の常識として未だに指導されている4つの非常識
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾