オーバーハンドスロー,股関節について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 股関節が硬いとオーバースローで投げられないって本当!?

股関節が硬いとオーバースローで投げられないって本当!?

  • 股関節が硬ければオーバーハンドスローで投げることはできない?!
  • フィジカルに技術を合わせるのではなく、技術にフィジカルを合わせよう!
  • オーバー、スリークォーター、サイド、アンダーハンドスローの違い


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

股関節の可動域が狭い(股関節が硬い)選手はオーバーハンドスローには向いていません。ですのでスリークォーターヤサイドハンドスローに取り組んだ方が、もし可動域を広げられないのであれば、パフォーマンスアップに繋がる可能性が高いと考えられます。


まずオーバーハンドスロー、スリークォーター、サイドハンドスロー、アンダーハンドスローそれぞれの違いについてですが、両肩とスローイングアームの肘、この3ポイントを繋いだ線が一直線になることはすべて共通です。違うのは背骨の傾き方です。

背骨が大きくリーディングアーム側に傾き、それにより腕が上がっていくのがオーバーハンドスロー。背骨が少しだけスローイングアーム側に方むのがスリークォーター。背骨がほぼ垂直に近い状態で腕が振られるのがサイドハンドスロー。背骨がスローイングアーム側に傾き腕が水平よりも下がっていくのがアンダーハンドスローです。大事なことですのでもう一度言いますが、肩肩肘の3ポイント(SSEライン)が一直線になることはすべて共通です。

右投げのオーバーハンドスローの場合、左股関節を外転させることによって背骨をリーディングアーム側に傾けて行きます。外転とは、普通に立った状態から股関節だけを動かし、脚を真横に水平まで上げていく動きのことです。

股関節の可動域が狭い選手がオーバーハンドスローで投げようとすると、背骨があまり傾かない状態のまま腕だけ上へ行くことになります。その結果SSEラインが一直線ではなくなり、肩関節に大きな負荷がかかってしまうことになります。

また、股関節が硬い状態で背骨を大きく傾かせようとすると、今度はランディング後の左脚(左投げなら右脚)も背骨と一緒に傾くようになってしまいます。ランディング後に傾いてしまった非軸脚股関節には、軸脚股関節から移動してきた体重を乗せ切ることができなくなります。つまり体重移動を終えられないということです。

体重移動を終えられなければ当然球速がアップして行くことはありませんので、それによって無意識にどんどん腕力に頼る投げ方になっていってしまうのです。そして体を守るためではなく、単純に球速をアップさせるために筋トレを行ってしまうようになり、技術を向上させることも難しくなります。

球速アップはあくまでも技術で行うものです。その高い技術によって投げられた強いボールの衝撃に耐えるため、筋肉は必要なのです。あくまでも技術が先で、その後でプロテクトするための筋肉が必要となるのです。これが逆になり、筋肉を増やしてフィジカルで球速をアップさせようとすると、必ず肩肘に負担がかかるようになります。それはバッティングも同様です。

股関節が硬い選手がオーバーハンドスローで投げようとすると、上記のような弊害を引き起こしてしまいます。ですので野球選手として少しでも高く上へ進みたいのであれば、股関節の柔軟性と強さは早い段階で確保しておく必要があります。体が出来上がってから柔軟性を高めようとしても、不可能ではありませんが必要以上に長時間かかってしまいます。ですので体が出来上がる前に柔軟性は確保するようにしてください。

なお、自分自身のフィジカルの弱さに合わせて技術を選んでいては、いつまで経ってもレベルの高い技術を身に付けることはできません。フィジカルに技術を合わせるのではなく、技術にフィジカルを合わせてください。股関節が硬いからサイドハンドスローにするのではなく、オーバーハンドスローで空振りを取れるボールや、外野からレーザービームを投げられるようになるために股関節の柔軟性を向上させてください。

スリークォーターやサイドハンドスローは、股関節が硬くても大丈夫、とは勘違いしないでくださいね。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 野球選手が走り込みを行う場合の注意点と得られるメリット
次のコラム オーバースローは腕が上がっていれば良いわけではありません
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾