テイクバック,慣性,野球について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 下半身の適切な動作=下半身主体の投げ方ではないってホント?!

下半身の適切な動作=下半身主体の投げ方ではないってホント?!

  • 下半身が適切な形で動いている=下半身主体の投げ方ではない?!
  • テイクバックは振り子の原理を使い、腕力は使わずに!?
  • 下半身主体の投げ方ができれば、球速アップに腕力は必要なし?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投球動作に於いて、下半身で適切な動作を取るということはとても大切なことです。しかし下半身が適切な動作を取れていたとしても、それがイコール下半身主体の投げ方になるかと言うと、実はそんなことはないのです。下半身主体で投げるためには下半身の適切な動作以外にも必要な要素があるんです。


結論を言うと、それはスローイングアームの脱力です。右投手なら右腕、左投手なら左腕ですね。このスローイングアームを腕力で動かしてしまうと、いくら下半身で適切な動作を取れていたとしても、その動作に右腕が付いてきてくれません。下半身主体で投げるためには下半身の適切な動作とスローイングアームの脱力がセットになっている必要があります。

良い投手というのはトップポジションで腕がしなっているように見えます。もちろん実際に人間の腕はしなることはありませんので、トップポジションで肩関節が最大外旋状態になっているか、ということがポイントとなります。トップポジションで肩関節が最大外旋することにより、アクセラレーションの直前に腕がしなって見えるようなポジションを作れるようになります。そしてこの形もやはり、スローイングアームが脱力されていなければ作ることができません。

スローイングアームに力が入っていては、トップポジション以降、スローイングアームの肘の矢印が二塁を向いたままアクセラレーションに入ってしまいます。すると加速距離そのものが短くなることで球速は低下してしまい、さらにこの形で加速させていくと肘の内側が伸ばされる負荷が発生してしまいます。肘の内側とはつまりは内側側副靭帯であり、最も野球肘になりやすい箇所です。また、トミー・ジョン手術で修復するのもこの内側側副靱帯です。

さて、脱力がポイントと言いましたが、投球時にスローイングアームを脱力するにはコツがあります。まずボールは軽く握ります。ボールを強く握ってしまうほど腕全体に力が入ってしまい、腕を脱力することが体の構造的にできなくなります。そしてもう一つ、テイクバックへの入りで腕力を使わないということです。

腕力を使ってテイクバック動作を取ってしまうと、テイクバック以降でも腕力が使われやすくなります。ではどうすれば良いかというと、腕力ではなく慣性を使います。つまり振り子の原理ですね。スローイングアームを振り子のように振り落とし、慣性だけでテイクバックに入っていくことができれば、テイクバック以降もスローイングアームに力が入りにくくなります。

これができるとテイクバックの最大内旋時にサイレントピリオドを発生させやすくなり、腕をリラックスさせた上でボールの加速をさらに高められるようになります。つまり腕力など使わなくても球速をアップさせることができ、腕力も肩肘もそれほど使うことがないため、球速をアップさせられるのに野球肩や野球肘のリスクが上がることもありません。

下半身を適切な動作で動かし、その上で腕力を使わない慣性テイクバックをを行えるようになると、スローイングアームを完全に下半身でコントロールできるようになります。するとスローイングアームの動作が先走ることもなくなり、しっかりと足で踏ん張った上でボールを投げられるようになります。

逆に腕に力が入っているとスローイングアームがどんどん先走ってしまい、足でしっかりと踏ん張る前にボールを投げ終えてしまい、どれだけ下半身を適切な形で動かしたとしても、結果的に上半身投げになってしまうのです。このようなもったいないパターンに陥らないためにも、テイクバックの入りでは慣性を使い、腕力は使わないように気をつけてみてください。
今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投手は肩を使って投げると野球肩になる!ではどこを使う?!
次のコラム 試合前の緊張感は悪いことではなく逆にパフォーマンスがアップ?!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾