インステップ,アウトステップ,股関節について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2016年11月07日

インステップは投球で最も大切な股関節を使えなくしてしまう

  • インステップやアウトステップにメリットはほとんどない?!
  • それどころか股関節を使えない投げ方になってしまう?!
  • 股関節を使えない=上半身投げだと思ってください

プロ野球選手養成コース
プロ野球選手養成コースが新登場しました!
今まで、Coach Kazのコーチングを受けたかったのに東京まで行くことができず断念されていた方、 プロ野球選手養成コースなら全国どこからでもCoach Kazのコーチングを受けられます!
プロ野球選手養成コースの詳細ページ

振り上げた非軸足のランディング(着地)の形は主に9種類あります。まずつま先の向きの問題であるインステップ、ストレートステップ、アウトステップの3つと、着地位置の問題であるクロスステップ、ストレートステップ、オープンステップの3つです。この3×3で9種類となり、一番基本的で目指すべき形はストレート/ストレートという、つま先の向きも着地位置もストレートになる形です。

コーチングをしていると年代やレベル、ポジションを問わず、インステップしてしまっている選手が非常に多いように感じられます。しかしこのインステップにはメリットはほとんどありません。投手の場合はインステップをすることにより打者からボールが見えにくい変則投法になることもありますが、しかしインステップをすることによって球質や制球力が良くなることはありません。むしろ逆で、球質も制球力も低下してしまいます。

さらにボールは股関節で投げる必要があり、股関節の内外旋によってボールを投げられれば肩肘を使って投げる必要がなくなり、野球肩野球肘のリスクを軽減させることもできます。しかし股関節を使った投げ方ができないと肩肘を使って投げざるを得なくなり、野球肩野球肘のリスクを大きく高めてしまうことになります。

インステップをしてしまうと、ボールをリリースするかなり手前の段階で股関節を使い終わってしまうため、ボールリリースそのものに対して股関節を使えなくなってしまいます。逆にアウトステップの場合はボールを投げ終えた後で股関節の良いポジションを迎えるようになるため、やはりボールリリースで股関節を理想的に使うことはできなくなります。

インステップになる選手は癖の問題も大きいのですが、股関節が硬いケースが非常に多く見受けられます。股関節とはそもそも下半身と上半身のつなぎ目ですので股関節を使えないということは、下半身と上半身の連動が生まれることもなく、結果的に手投げになってしまいます。

下半身で作り出したエネルギーを効率良く上半身に伝えて行くためにも股関節を適切な動きで使っていきたいわけですが、インステップやアウトステップになってしまうとそれができなくなってしまうのです。だからこそまずは足元をストレート/ストレート、略してストストでランディングさせていく必要があるのです。


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 並進運動時に両脚で「ル」を描けると制球力・球威がアップ
次のコラム トレーニングしたのと同じ時間をコンディショニングにも使おう

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾