TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 食事で強い体を作ろうとする際に気をつけたいこと

食事で強い体を作ろうとする際に気をつけたいこと


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

野球選手として強い体を作るためには、やはり食べることが何よりも重要です。ですがダルビッシュ有投手も、トレーニングで一番辛いのはたくさん食べること、と語っているほど、たくさん食べるのは意外と大変です。スポーツをしていなくても、暑い日や疲れた日は食欲が低下するものですので、夏場の野球の練習後などはなおさらですよね。

そこで気を遣ってもらいのが小腸です。小腸とは食べ物からの栄養分を吸収する器官です。つまりたくさん食べたとしても、小腸のコンディションが悪ければ効率良く栄養分を吸収することができないわけです。これはもちろんサプリメントにも同じことが言えます。

小腸のコンディションを整えるに有効なガセリ菌が入ったヨーグルトが最近は人気です。毎朝このようなヨーグルトを食べて小腸のコンディションを整えておけば、食欲が落ちた時でもしっかりと栄養分を吸収できるため、疲労回復も早くなります。

逆に小腸のコンディションが悪いと、疲労時にたくさん食べたとしても効率良く栄養を吸収することができず、疲労回復が早くなることはありません。それどころか消化吸収が鈍っている状態でたくさん食べてしまうと胃腸全体のコンディションが低下し、体調そのものも低下しがちです。

プロ野球選手の中でも知識がある選手は、小腸の状態を良くする工夫をしています。例えば千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手は、トレーナーに腸周辺のマッサージをしてもらっています。身近にトレーナーがいない選手の場合は、おへその周辺を時計回りでさするようにマッサージをするだけでも効果を得られますので、お試しください。

梅雨や夏場は誰でも食欲が低下しがちです。こんな季節だからこそ少ない食事量でも効率良く栄養を吸収するため、小腸のコンディションを整える工夫をしてみてください。
TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾