TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 雨で濡れたボールをパンツで拭いてはいませんか?

雨で濡れたボールをパンツで拭いてはいませんか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

マウンドに立った時は、投手は野手以上にルールを理解しておく必要があります。投手には「ボーク」という投手特有のルールが定められています。このルールをしっかり理解しておかないと勝負どころでボークを宣告され、重い1点を失ってしまうことになります。

みなさんは雨が降っている試合で、濡れてしまったボールをどのように扱っていますか?少年野球や草野球など、初心者プレイヤーが多いリーグではパンツでボールを拭いてしまうシーンをよく見かけます。しかしこれを投手がやってしまうと反則になってしまいます。

雨の試合でボールが濡れてしまった場合、投手は両手の平でボールをこねることだけがルール上認められています。ですので濡れてしまったボールはグラブを外し、両手でこねる癖を付けておくようにしましょう。もしくはボールの交換を要求し、ベンチにいるチームメイトにタオルで拭いてもらいましょう。

ちなみに投手の場合、指先を舐めたりする行為も反則扱いとなります。ただしすごく寒い日の試合で指先がすぐに乾いてしまい、審判があらかじめ認めている場合のみ指先に息を吹きかけることは認められます。それ以外では基本的に指に息を吹きかけたり、舐めたりする行為は禁止されています。

ということは、指先に付け過ぎてしまったロジンを息を吹いて払うのは、本来は反則ということになります。プロ野球では息でロジンを払ったり、外国人投手では指先を舐める投手をたまに見かけます。しかしこれらはルール上は禁止されている行為ですので、真似をしないように注意してくださいね。
TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾