遠心力,求心力,制球力

トップページ > 投手育成コラム > 遠心力を求心力で相殺すると制球力は向上します

遠心力を求心力で相殺すると制球力は向上します

制球力をアップさせたいと考えた時、まずチェックする必要があるのは投球動作が安定しているか、という点です。投げるたびにステップの位置やリリースポイントが変わるような投げ方では、制球力が安定することは絶対にありません。そして次にチェックして欲しいのは、余分なエネルギーを使い過ぎていないか、という点です。

例えば遠心力と求心力という相対するエネルギーがあります。多くのピッチャーは遠心力を使ってボールを投げてしまっています。確かに遠心力を上手く使えると、初速の速いボールを投げることができます。しかしバックスピンをきれいにかけられず、回転数そのものも少なくなりやすいため、打者の手元で失速してしまう、初速と終速の差が大きいボールになってしまいます。

一方求心力を上手く使って投げられると、初速だけを見れば遠心力投げよりは少し速度は落ちます。しかし良いバックスピンで回転数を増やしやすくなるため、初速と終速の差が小さい伸びのあるストレートを投げられるようになります。そしてこの投げ方ができるようになると、ボールを浅い角度でリリースできるようになります。

遠心力投げだとボールが体から遠いところで動いていくため、リリース角度が深くなってしまいます。つまり斜め方向からストライクゾーンを狙わなければならず、コースに投げ分けるための難易度がそれだけで増してしまうのです。一方求心力投げだと、ピッチャーズプレートの真ん中とホームベースの真ん中を結んだ直線上、もしくはその直線に近い場所でボールを動かせるようになるため、コースに投げ分ける難易度が必要以上に上がることがなくなり、制球もしやすくなるのです。

実は遠心力という力は、腕を回してボールを投げる限り必ず生じてしまうものです。重要なのは遠心力を使わないようにするということではなく、遠心力を求心力によって相殺するということです。右投手なら右腕にかかった遠心力を、左手で生み出す求心力で相殺する、ということになります。これができるだけでも、制球力は目に見えて向上していくはずです。

こうして言葉で説明するのは簡単でも、実際に投球動作に導入するとなると意外と難しいことです。投球動作を適切な形で改善していきたいと悩んでいるようでしたら、ぜひCoach Kazのマンツーマン野球塾にご相談ください。投手育成コラムを書いているチーフコーチがあなたのパーソナルコーチングを担当させていただきます。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 勘違いしやすいヒップファーストフォール動作の形
次のコラム 投手の回転運動は腕ではなく股関節を回すためのもの
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾