全力投球について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 全力投球の是非に対するCoach Kazのマンツーマン野球塾の考え方

全力投球の是非に対するCoach Kazのマンツーマン野球塾の考え方


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック
コーチングの現場でよく相談されることの一つに、全力投球というものがあります。肩を鍛えるためには全力投球もした方が良いという考え方と、体が出来上がるまでは全力投球をさせる必要はないという考え方があります。Coach Kazのマンツーマン野球塾では、後者の立場を取っています。全力投球というのは、頑強な体を持ったプロ野球選手であっても体に大きな負荷がかかります。ということはまだ成長段階にある未成年の選手が全力投球を日常的に続けてしまうと、それだけ肩を壊すリスクが大きくなってしまう、ということになります。実はこのコラムを書いている私自身、小学生から中学生まで全力投球を続けた結果、高校野球に進む直前に肩を壊し、野球選手としての道を断念したという経験を持っているのです。

このコラムで以前、「制球力>変化>球速」という図式が最も大切だと書きました。例えば150kmのストレートを投げられたとしても、思ったところに投げることができなければまったく意味はありません。逆に120km台のストレートしか投げられなかったとしても、緩急を付けながら思ったところにしっかり投げることができれば、星野伸之投手のようにプロ野球で176勝を挙げることもできるのです。

打者は力一杯バットを振れば振るほど、ミート力は下がりますよね。投手も同じなのです。力一杯投げれば投げるほど制球力は低下してしまいます。どんなに速いボールを投げられたとしても、ストライクが入らなかったり、ど真ん中に投げてしまうようでは勝てる投手になることはできません。そう考えるとまだ成長期の段階にある小学生~高校生に、全力投球を強いる必要はないということになります。それよりは寧ろ、いつでも思ったところにボールを投げられる技術を磨かせるべきなのです。

球速は良い投球動作で投げることさえできていれば、体が大きくなり、筋肉が発達してくれば自然とアップしてきます。ですのでそれまでは、全力投球を日常的に行わせる必要は全くないとCoach Kazのマンツーマン野球塾では考えています。そもそも人体というものを見た時、人間の肩関節は腕を肩よりも上に上げることを前提にして作られているわけではないのです。人間にとって腕を肩よりも上に上げること自体が、構造的にはじゃっかん不自然な動作となるわけであり、その動作を全力で行ってしまえば、それだけ肩を痛めるリスクも高まるということになるのです。

全力投球を100球行うよりは、70~80%の力で下半身主導の適切な投球動作で100球投げた方が技術をアップさせるためには近道となります。全力投球を行うのは投球練習の最後の1球であったり、絶対に打たれてはいけない場面の最後の1球だけで十分です。ですがそれも、思ったところに投げるということが前提となります。外角低めを狙ったのに内角に行ってしまうようでは、全力投球した意味はなくなってしまいます。それならば70%の力でしっかりと外角低めに投げていた方が、勝てる確率はアップします。

ちなみに全力投球は投手だけではなく、未成年選手の捕手にも当てはめることができます。外野手の場合は大きく助走して投げられるためまだ良いのですが、ほとんど助走を付けられない捕手の場合、投手と同じように全力投球は怪我のリスクを高めると言うことができます。そのため体の小さい小学生や中学大会の一部では、捕手の肩も守るために盗塁を禁止して二塁送球を行わずに済むようにしようとする動きもあるようです。

確かに小学生や中学生捕手が盗塁を刺せることは滅多にないため、それでも良いのかもしれませんね。投手の全力投球や捕手の二塁送球は、野球動作の基礎がしっかりと身に付き、体が大きくなってからでも決して遅くはないと思います。ちなみに捕手の二塁送球に関してですが、プロ野球の捕手を観察すると、大きな送球動作で全力送球する捕手の送球よりも、コンパクトな動作で70~80%の力で投げる捕手の方が、キャッチングからボールを二塁に到達させるまでの時間(Pop to Pop)は短いのです。

球速や送球の鋭さというものは、筋肉で実現させるべきものではありません。あくまでも適切な動作によって実現させるものなのです。こう考えると、もしかしたら子どもだけではなく、大人であっても全力投球する必要というのはないのかもしれませんね。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 重いストレートを投げるためには、こんな数値を目指そう!
次のコラム 考え方を間違うと効果がない体幹トレーニング
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾