SLP理論

トップページ > 投手育成コラム > 個性を活かし怪我を予防し技術を向上させるSLP理論

個性を活かし怪我を予防し技術を向上させるSLP理論

Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングは、SLP理論というものを用いて進めていきます。SLPとはストライド・ライン・ピッチングの略語で、Coach Kazのマンツーマン野球塾が独自に提唱している理論となります。ただ、独自にと言っても突拍子もないことを言っているわけではありません。一流投手や怪我をせず活躍し続けられる投手を何百人も観察をして、その中で発見した共通点を科学的に論理立て、コーチングに活かしているということになります。

そのため、コーチングの中でSLPという言葉が飛び交うことはまずなく、SLPという言葉を一度も使うことなくコーチングを終えることがほとんどです。SLP理論とは、それくらい自然にコーチングの中に組み込まれているのです。

これまでも解説してきたように、SLP理論とはまず肩・肘の故障リスクを軽減させ、制球力を向上させ、球威もアップさせます。ハッキリ申し上げますが、SLP理論を投球動作に組み込んで、損をすることは一切ないのです。唯一デメリットを挙げるとすれば、肩・肘への負荷が大きく、制球力や球威がなかなかアップしない投げ方をしている投手は、SLP理論を導入する際、投球動作を最初から作り直すことが必要となります。

一方コーチングをご依頼いただいた選手の中には、SLP理論を十分に実践できている投手もいます。そのような場合は基本的なコーチングオファーを受けることはせず、動作解析や結果分析を含めた、プロレベルのコーチングをオススメしています。なぜなら、SLP理論を実践できているのに、改めてそれを学ぶ必要はないためです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングの特徴は、一度で済むことは一度で済ませる、というところにあります。すぐに修正できるようなポイントに長時間を費やし、何度もコーチングに通ってもらうようなことはいたしません。復習に関しては、携帯電話などで撮影した動画を送っていただければ、無料にてできているかできていないかのアドバイスをお送りいたしております。

SLP理論を投球動作に導入すると、みんな同じフォームになってしまうのでは?と思われる方もいるかもしれません。しかしその心配はありません。Coach Kazのマンツーマン野球塾で見るのは投球モーションであり、投球フォームではありません。つまり上投げでも下投げでも、トルネード投法でもマサカリ投法でも良いのです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾では見た目のフォームではなく、投球動作(モーション)の機能の部分を見ていきます。そのため選手の個性を消すこともありません。選手の個性を活かし、怪我を予防し、パフォーマンスをアップさせていく、それがSLP理論を用いたCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングなのです。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム ピッチャーズプレートは蹴らない方が良い理由 Part II
次のコラム 投球3大エネルギー、反力エネルギーを最大限活かそう
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾