RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2013年09月09日

制球力が安定しないのには必ず確固たる原因があります


試合で活躍できる選手を育成する完全個別指導の野球塾
littlerockheart.com
アスリートコースはただ野球上達のサポートをするだけではなく、 自分で考えて練習し、自分で考えてプレーをすることのできる選手を育成します。 技術だけではなく、メンタルまで鍛えられる野球中はここだけ!!

制球力に悩む投手がワインドアップをせずにセットポジションのみで投げたり、オーバーハンドスローからサイドハンドスローに転向したりという姿は、プロアマ問わずよく見かける光景です。しかしこの考え方は間違っていると言わざるをえません。確かにワインドアップよりもセットの方が動作のぶれは小さくなり、制球を乱す原因は小さくなるかもしれません。しかしワインドアップで制球が定まらない投手がセットにしても、多かれ少なかれ制球を乱している原因はセットポジションにも受け継がれているのです。

そしてオーバースローからサイドスローへの転向に関しても、確かに身体的にサイドスローの方が向いている投手というのはいるわけですが、しかしそうでない場合を除いては、サイドスローにしたから制球しやすくなる、ということにはなりません。サイドスローにする最たる目的はあくまでも、上下の制球を安定させることにあります。

例えば左右の制球力はあるけど、上下の制球だけがどうしても苦手という投手の場合は、サイドスローに転向する意義はあります。ですが上下も左右も制球に不安がある投手の場合、サイドスローに転向しても制球力が向上することはありません。

制球を乱す要因は人それぞれです。一つの投球動作はいくつものフェイズ(段階)に動作を分解していくことができます。例えばワインドアップフェイズ、テイクバックフェイズ、コッキングフェイズなどです。数あるこのフェイズの中の、どこに制球を乱している原因があるのかはまさに百人百様なわけなのです。経験と能力のあるコーチであればそれをすぐに見つけることもできます。しかしそうじゃないコーチの場合は、直す必要のないところに手を加えてしまい、その投手のフォームを壊し、スランプに突入させてしまう危険もあるわけなのです。私自身過去、幾人もそのような辛い経験をしてきた投手を見てきました。

制球力が安定しない投手には、必ず制球力が安定しない確固たる原因があります。それがないのに制球力が安定しない投手というのはいません。つまり制球力を向上させるためには、制球力を乱している原因を一つずつ丁寧に取り除いてあげることが何よりも大切なのです。それができなければ毎日投げ込みを続けたとしても、本当の意味での制球力を手に入れることはできません。

もしよければ、Littlerockheartで本物の制球力を手に入れて見ませんか?制球力向上コースの受講生からは、5回のコーチングで制球力が向上した選手が続出しています。あなたもぜひ、投手にとって最も重要な能力である、本物の制球力を身につけてみてください。



Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


コラムカテゴリー:制球力アップ
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 腕を振る軌道を変えるだけでも制球力はアップする
次のコラム 並進移動が必ず入る投球動作にベタ足は禁物

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.