TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾TOP  オンデマンド野球塾  野球の教科書  野球塾マネジメント講座  お問合せ
オンライン野球塾TOP > 野球の教科書シリーズ > 正しくドロップを投げられる投手は肩肘を痛めにくい
このコラムは旧投手育成コラムです。 リニューアルした野球の教科書シリーズはこちらのページにてお楽しみください。

正しくドロップを投げられる投手は肩肘を痛めにくい

【このページの主な内容】

このエントリーをはてなブックマークに追加
球速アップ

【注目】 Kaz先生の無料オンラインカウンセリングが受付開始!今すぐピッチングフォームの動画を送ってみよう! 詳しくはホームページでチェックしてね!

投手の腕の内旋・外旋に関するお話は、投手育成コラムでも幾度となく取り上げてきました。今回はその腕の内旋・外旋と、カーブの関係についてお話をしていきたいと思います。近年プロアマ問わず、ドロップというカーブを投げられる投手が減ってしまいました。そのためドロップは大きな武器となり、投げ手が少ない分、打者も対応に苦労しているように見えます。

ちなみにドロップというのはカーブの一種で、水面にたらした釣糸のような弧線軌道で縦にフワリと曲がっていく球種のことです。140kmを超えるストレートを投げる投手であっても、90km台のドロップを投げる投手がいます。その球速差は実に50km近く!これだけの球速差をつけられれば、打者はなかなかタイミングを合わせることができません。

このドロップと呼ばれる魔球を投げるためには、リリース時のスローイングアームは内旋過程にある必要があります。そうしなければドロップを投げることはできません。いえ、厳密に言えば外旋過程のリリースでもドロップの軌道を作ることはできるのですが、しかしその場合は腕の角度などを大きく変えなければならず、ボールをリリースする前に打者に球種を読み取られてしまいます。そのためストレートと同じ腕の振りでドロップを投げるためには、リリースは内旋過程である必要があるのです。

ドロップの腕の使い方は、ストレートとまったく同じです。ただ握り方が違うだけです。基本的な握りは、中指と親指でボールを軽く握り、中指を縫い目にかけます。人差し指はボールから浮いているくらいで大丈夫です。内旋過程に於いてこの握り方でストレートのように腕を振れば、ボールは自ずと、掌がキャッチャーミットと正対する前に指先を抜けていきます。そしてこの時縫い目が中指にかかっているため、ドロップの変化を実現させるトップスピンに近い回転がボールに与えられるのです。

一つの目安として、ドロップを投げられるだけ腕を柔らかく使えている投手は、肩肘の故障は少ない傾向にあります。逆にドロップではなく、横滑りの速いカーブやタイトカーブ、もしくはスラーブしか投げられない投手は腕の使い方が硬いことが多く、肩肘を痛めるリスクは高くなる傾向にあります。

Coach Kazのマンツーマン野球塾ではこれまで数えきれないほどたくさんの投手をコーチングしてきましたが、その中で内旋過程でボールをリリースできていた投手は1割程度しかいませんでした。これを肩肘を痛めた経験のある投手に限定をすると、9割以上が外旋過程でボールをリリースしていたのです。そして当然ドロップを投げることはできません。

さて、あなたはボールを内旋過程で投げられていますか?それとも外旋過程で投げていますか?これを機会に適切な投球動作をマスターされたい方は、ぜひお気軽にCoach Kazのマンツーマン野球塾にお問い合わせください。

kaz001.png 筆者:Kaz先生
TeamKazオンライン野球塾


球速上げたきゃ股関節を使え!
TeamKazオンライン野球塾 夏休みの間に球速をアップさせておこう。今なら安心の無料オンラインカウンセリング実施中。


TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムは2020年3月より全面改装作業に入りました。 新投手育成コラムはこちらのページ旧投手育成コラムはこちらのページ よりお楽しみください。

SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

旧投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾