TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / SLP理論は無敵でも完璧でもないが、確かな効果がある

SLP理論は無敵でも完璧でもないが、確かな効果がある


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

SLP理論とは、ストライド・ライン・ピッチングの略語です。このネーミングの通り、SLP理論によるコーチングは、ストライド・ラインを重視して進めていきます。たくさんの好投手たちの投球動作を分析していくと、ある共通した動作があります。それがこの理論の根本であるわけですが、長年安定した成績を残せる投手ほど、スローイングアームをストライド・ライン上でスウィングさせているのです。

スローイングアームを、ストライド・ライン上でスウィングさせるだけであれば、誰にでもできます。しかしそれが適切な動作で、そのような形になっているかを見ていけば、決して簡単なことではないのです。例えば腕を縮こまらせてスウィングをすれば、スローイングアームをストライド・ライン上でスウィングさせることはできます。しかしこれでは当然球威はアップしませんし、肩肘へのストレスも大きくなってしまいます。

だからこそ、適切な動作をマスターすることにより、スローイングアームをストライド・ライン上でスウィングさせていく必要があるのです。繰り返しますが、この動作をマスターすることは簡単なことではありません。投球動作を分解し、いくつもあるフェイズ(段階)すべてで適切な動作を行うことができなければ、好投手に共通するSLP理論動作を習得することはできません。

このコーチング方法は、個性を奪うことはありません。例えば投球フォームはトルネード投法でも、マサカリ投法でも、ザトペック投法でも良いのです。Coach Kazのマンツーマン野球塾が独自に提唱するSLP理論によるコーチングは、フォーム(見た目の形)ではなくモーション(動作)を見ていきます。モーションさえ改善することができれば、フォームはどのようなフォームでも構わないのです。

しかしもちろん、時にはフォームを根本的に見直す必要があるケースもあります。そのような場合は本人、そして親御さんに説明をし、承諾を得たのち、抜本的な投球動作改善に入っていきます。

SLP理論による投球動作をマスターすることができれば、まず制球力がアップします。その理由は、リリースポイントが劇的に安定するためです。さらにこの動作をマスターすることができれば、球威をアップさせることもできます。その理由は、ボールを加速させるための動作を最良の形に近付けることができるためです。さらにこの動作をマスターすることができれば、ボールを投げた際の衝撃を上手く分散させられるようになるため、肩肘の故障リスクを下げることもできるのです。

SLP理論は無敵でも、完璧でもありません。しかしこの理論動作をマスターすることができれば、多かれ少なかれ、ピッチングパフォーマンスは必ずアップさせることができます。もし適切な動作をマスターし、怪我のリスクを軽減させてパフォーマンスをアップさせたいとお考えなら、ぜひ一度Coach Kazのマンツーマン野球塾までご相談をお寄せください。お待ちしております。

TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾