SLP理論について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > SLP理論とは選手の個性を奪わない100通りの指導法

SLP理論とは選手の個性を奪わない100通りの指導法


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

SLP理論とは、選手が100人いれば100通りの指導法があるとお考えいただければと思います。SLPとは、ストライド・ライン・ピッチングの略語となります。ストライド・ラインとは、前足を振り上げて着地させた地点と、軸足のスタート地点、そしてキャッチャーミットを結んだラインとなり、SLP理論によるコーチングは、このラインを大切に考え指導を進めていきます。

どんな投手であっても、投球動作内には必ず良いところと悪いところがあります。SLP理論によるコーチングでは、まずそれを徹底的にチェックしていきます。つまりコーチングをしていく投手の動作状態を、細かく分析していくということです。これにより可能になるのは、教科書通りの指導ではなく、選手の個性に合わせた指導です。

例えば投球動作の中に「できれば直したい」という動作があったとします。ですがもしその動作が、その投手の投球動作のリズムを司っていた場合、その動作を改善してしまうことにより、逆に投げるボールが改悪されてしまう恐れがあります。

投手の動作個性を見抜くことのできないコーチの場合、悪いと思ったポイントを無暗に直そうとしてしまい、結果的にその投手独特のリズムを奪ってしまう結果にもなります。しかしプロフェッショナルの目で投手をしっかりと観察し、動作個性を的確に掴むことができれば、直す必要のない投球動作の悪い部分も見えてきます。

教科書的には直した方が良い動作であっても、実は直さない方がその投手にとってプラスになる場合が多いのです。その場合は欠点を治すのではなく、長所をさらに伸ばすためのコーチングを行っていきます。そのようなコーチング方針を取っているため、Coach Kazのマンツーマン野球塾には100人選手がいれば、100通りの指導法があるわけなのです。

野球教則本などで得た知識を選手に伝えるだけでは、コーチングとは言えません。それはティーチングです。コーチングとは、選手がさらにパフォーマンスを向上していけるように、そして選手がレベルアップする過程で道に迷わないように導いてあげるのが役目です。コーチが、自分が知っている知識を無暗に選手に伝えることは、時と場合によってはエゴにもなりかねないのです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けると、ほとんど全員の選手がパフォーマンスアップを実現することができます。なぜこれほど確実にコーチング効果が表れるかと言えば、それこそが100通りの指導法にあるというわけなのです。Coach Kazのマンツーマン野球塾では必ず、その選手にとって今必要なこと、そして将来的に必要なことを指導しています。教則本などではダメだとされている動作であっても、それがその選手にプラスをもたらしているのであれば、個性として残し、あえて打ち消す必要はないわけなのです。

これがSLP理論の考え方の一部です。SLP理論とはストライド・ライン・ピッチングの略語ではありますが、コーチング理論としてSLP理論を捉えるならば、これは非常に広義となります。ですのでその部分を今後も少しずつ、投手育成コラムで書いていきたいと思います。乞うご期待ください。

もし今回のコラムがお役にたてたなら、Coach Kazのマンツーマン野球塾facebookページにて「いいね」をお願いします。

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 外角低めは必ずしも最強ではなく、こんな打者には要注意
次のコラム SLP理論は無敵でも完璧でもないが、確かな効果がある
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾