TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / SLP理論とはコーチが研究の末に導き出した答え

SLP理論とはコーチが研究の末に導き出した答え


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

Coach Kazのマンツーマン野球塾は、SLP理論を用いた投手コーチングを行っています。SLP理論とは、Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチが投球動作の研究を重ねて導いた理論です。SLPとはStride Line Pitchingの略語です。理論としてはCoach Kazのマンツーマン野球塾独自なもので、SLP理論を用いてコーチングを行えるのは、世界でCoach Kazのマンツーマン野球塾のみとなります。

SLP理論のメリットは、肩・肘の故障リスクを軽減させた上でパフォーマンスを向上できるという点にあります。これまですでにたくさんの選手をSLP理論を用いてコーチングしてきましたが、肘痛に悩んでいた投手の肘痛は改善され、制球力に悩んでいた投手のコントロールも安定するようになりました。さらには筋力トレーニングをしても思うように球速が伸びなかった投手も、SLP理論を用いることにより、すぐに球速をアップさせていくことができました。

SLP理論とは、難しい数々の理論を一つにまとめたものだと考えてください。SLP理論をマスターすることができれば、他の理論技術も同時にマスターすることができます。ですがSLP理論は簡単にマスターをすることはできません。コーチによる丁寧で細かな指導があり、全5回のコースを受けていただいて、初めてマスターすることができる理論なのです。

球速や球威がアップしてコントロールが良くなったとしても、故障のリスクを軽減させることができなければ意味はありません。逆に故障のリスクを軽減させられたとしても、パフォーマンスがアップしないのでは仕方ありません。ですがSLP理論を用いれば、その両方を実現させることができるのです。それを同時に可能とする方法をコーチが長年研究し、導き出した答えがSLP理論なのです。

あなたもSLP理論をマスターすることによって、怪我なくパフォーマンスアップしていける投球・送球動作を体得してみませんか?SLP理論を用いたコーチングに関しては、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾