野球肘について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > リリースの瞬間の肘は伸ばすべき?曲げるべき?

リリースの瞬間の肘は伸ばすべき?曲げるべき?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投手がボールをリリースする瞬間、腕はどのような状態になっていると思いますか?肘はまっすぐ伸びている?それともちょっと曲がっている?イメージからすれば、前者の方が良いと考えている方も多いのではないでしょうか。ですが推奨すべきリリースの瞬間は後者なのです。ボールをリリースする瞬間は、腕は伸展し切っていない状態が望ましいのです。

一昔前は「腕を大きく使え」という指導が一般的だったと思います。ですがこの指導法だと、リリースの瞬間に腕が伸展し切ってしまうケースが多くなってしまうのです。ではリリースの瞬間に腕が伸展し切ってしまうとなぜ良くないのでしょうか?その理由は肘頭(ちゅうとう)が上腕骨と衝突しやすくなってしまうためです。簡単に言えば、肘が痛くなってしまうということです。

2010年以降Coach Kazのマンツーマン野球塾がコーチングさせて頂いた野球指導者さんの中にも複数、リリースの瞬間は腕をしっかり伸ばすように指導されていた方がいらっしゃいました。しかしこの投げ方を続ければ遅かれ早かれ、限りなく100%に近い確率で選手は肘痛を発症してしまうことになります。そして痛くなるタイミングは人それぞれであるため、例えば中学生の時にその投げ方を指導されたとしても、実際に肘が痛くなるのは大学生になってからや、プロ野球に入ってからというケースもあるのです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾は2010年に開講しましたが、これまで野球肘に苦しんでいる選手たちと本当に多く出会ってきました。病院に通って痛みが取れても、投げればまた肘が痛くなり、整骨院に通って痛みが取れても、また投げれば痛くなるということを繰り返していた投手も少なくはありません。

少年野球のコーチをされている方々は、みなさん仕事の合間を縫ってボランティアで活動されているのだと思います。そのような親切なコーチのみなさんに厳しいことは言いにくいわけですが、しかし野球少年たちの将来を思うならば、やはり人体の構造に即した適切な投球動作というものを勉強しなければなりません。もちろん私たちのようなプロレベルの知識をすべて覚えてください、ということではありません。最低限知っておけばいいことというのが、投球動作にはいくつかあります。それを抑えておけば、野球少年や野球少女たちに間違った指導をしてしまうこともなくなり、将来その子たちが野球肘や野球肩に苦しむリスクも軽減させてあげることができるのです。

野球肘というのは、99%は投球動作に問題があります。つまり一度でも肘が痛くなったことがあるという投手には、必ず投球動作内に問題点があるのです。ただし肘痛というのは離断性骨軟骨炎といって、11歳前後のお子さんに関しては何もしていなくても発症してしまうことがあります。成長痛とも違うのですが、骨の成長具合と血管とのバランスがまだ整わないことで、11歳前後のお子さんは肘に痛みを感じることがあるのです。だいたい一学年に一人くらいの割合となるでしょうか。確率としては1%以下と決して高くはないのですが、これと野球肘との見極めが非常に難しかったりもするのです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾の投手コーチは、書店で市販されている一般的な野球教則本で投げ方を学んだわけではありません。もちろん市販されている教則本は一通り読んでいるのですが、しかしCoach Kazのマンツーマン野球塾の投手コーチングの基礎となっているものは、そこから学んだものではありません。多くの投手の映像解析に加え、『臨床スポーツ医学』や『スポーツメディスン』などのスポーツ医学・スポーツ臨床の専門誌で学びながら投球動作の研究をして来たのです。

そのためCoach Kazのマンツーマン野球塾の投手コーチングは、コーチの経験則では行いません。あくまでも臨床結果などを踏まえた科学的根拠をベースにし、選手個々の状態に合わせた論理的な方法でコーチングを行います。もちろん選手に対して難しい医学用語などは使いませんが、このように科学的根拠をベースにしているために、Coach Kazのマンツーマン野球塾の投手コーチングでは確かな効果を得られることができるのです。そしてコーチとして、難しいことをいかに分かりやすく伝えるか、ということも日々鍛錬しているのです。

ここで野球肘に話を戻すと、なぜ野球肘になってしまったのか、将来野球肘になる可能性はないかということを、Coach Kazのマンツーマン野球塾の投手コーチは投球動作から見極めることができるのです。もちろん整形外科のような医術を施すことはできませんが、しかし医学的観点から学んできた投球動作解析法により、論理的かつ分かりやすいコーチングをすることができるのです。

今回の投手育成コラムは「コーチはどのような勉強をされているのですか?」というご質問がいくつか届いていたため、いつもとはちょっと違った趣向で書かせて頂きました。コーチングのご相談を頂く際には、ぜひ参考にして頂ければと思います。

P.S.
肘や肩に痛みがある際は、迷うことなく病院に行って治療を受けてください。

その練習法をいつまでも続けていても
ほとんど上達しないかもしれません!

littlerockheart.com
なかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ! 練習をする前に、まず上達できる動作を学んでください。そのあとで練習をすればメキメキ上達します!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投げた後に肩や腕に張りの残る投手は要注意です
次のコラム 壁当てをする際の注意点と適切な壁当て方法
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾