投手,制球力,コントロールについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投球の質を左右させる腕の並進運動と円運動

投球の質を左右させる腕の並進運動と円運動


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投手にとってもっとも重要な要素は制球力です。投手の三大要素は制球、変化、速度とありますが、この関係は制球>変化>速度となります。つまりいくら速いボールを投げることができても、制球力と変化がなければかんたんに打ち返されてしまいます。今回の投手育成コラムでは制球力を向上させるための1つの方法をご紹介して行きたいと思います。

投手の腕の振り方には主に2種類あります。1つは陸上競技の槍投げに似た並進運動による腕の振り方。そしてもう1つはハンマー投げのような円運動による腕の振り方です。Coach Kazのマンツーマン野球塾では前者、槍投げに似た腕の振り方を推奨しています。この腕の振り方をマスターすることができれば、制球力とボールの切れという双方を向上させることができます。

「腕を大きく振れ」というコーチングを受け続けると、大きな弧を描く円運動で腕を振ってしまうようになります。この腕の振り方には大きな遠心力がかかるため、投球時に肩周辺の筋肉が必要以上に外側に引っ張られてしまいます。これにより、肩痛のリスクを大きくしてしまいます。さらには円運動で腕を振ると、弧の線上にリリースポイントを置かなければなりません。すると、弧のどこでリリースするかによって制球と球威は大きく変動してしまいます。投げてみなければその日の調子が分からないタイプの投手の多くは、円運動で腕を振っています。

一方、並進運動により腕を振ることができれば、制球力は劇的に向上します。自分の思ったところに、思ったボールを投げられる確率が大幅にアップします。常に安定したピッチングができる投手は、並進運動により腕を振っています。そして遠心力ではなく、求心力を使ってボールを投げるため、肩周辺の筋肉が必要以上に引っ張られることもなく、肩痛のリスクも最小限に抑えることができます。このことでも分かるように、投手は円運動ではなく、並進運動でスローイングアームを振る必要があるのです。

円運動でボールを投げると、0.1秒リリースのタイミングがずれるだけで、制球や球威に大きな影響が与えられてしまいます。そしてリリースのタイミングが一定しないと、指先の常に同じ場所からボールをリリースすることもできません。ボールは人差し指と中指で弾き出すわけですが、リリースのタイミングが安定しないと、人差し指側でリリースしてしまったり、中指側でリリースしてしまったり、ストレートがスライダー回転したり、シュート回転したりしてしまいます。

反面、並進運動により腕を振ることができれば、弧ではなく、一直線の線上で、まるでライフルで撃つの弾丸のようにボールを発射できるようになります。すると、人差し指と中指の常に同じ場所でボールを弾き出すことができ、制球は向上し、ボールに鋭いバックスピンをかけられるようになり、伸びのあるストレートを思ったところに投げられるようになるのです。

並進運動によって腕を振る際のメソッドですが、ボールがトップの位置に来た時、ボールとキャッチャーミットを見えない糸で結んでください。そしてその真っ直ぐな見えない糸を通していくように、ボールを移動させていってください。この時、脚の筋力が弱いとステップを広げることができず、上体が沈まない分、相対的に肘が下がってしまいます。この並進運動による腕の振りで肘が下がってしまう場合は、下半身に筋力が不足していると理解しましょう。

なお補足ですが、並進運動により腕を振る際は、腕が以下のように回旋するように心がけてください。

セット時・・・最大外旋(テイクバックの最深部に向けてここから腕を内旋させて行く)
テイクバックの最深部・・・最大内旋(ここから腕を外旋させながらトップにつなげて行く)
トップ・・・最大外旋(ここからはフォロースルーの最後まで腕は内旋運動させる)
アクセラレーション・・・内旋
リリース時・・・指先がキャッチャーミットに正対
フォロースルー・・・引き続き内旋

円運動から並進運動へのシフトチェンジは、見た目のフォームには大きな変化はありません。しかしこのシフトチェンジは、投球時のメカニズムを根底から変えていく作業となります。ですのでこのシフトチェンジに挑戦する時は、決して焦らず、長い時間をかけてじっくりと取り組むようにしてください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 12歳までに確立される運動神経の伸ばし方
次のコラム 野球肩は硬い股関節が原因である場合が多い
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾