投手,ハムストリングス,ジャックナイフについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 制球力の良し悪しはハムストリングスが握っている

制球力の良し悪しはハムストリングスが握っている


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投手にとっての生命線はいまさら言うまでもなく、制球力です。150kmのストレートが投げられたとしても、それを制御するための制球力がなければ四球で自滅してしまうか、ど真ん中に入った150kmのストレートを痛打されてしまうだけです。現代野球ではアマチュア選手でも150kmというスピードを投げられる投手が多くなりました。そして150kmという速度を打てる打撃マシンが学生野球のグラウンドに用意されていることも珍しくはありません。つまりいくら速いボールを投げられたとしても、そのボールを自在に操れないようでは試合では通用しないということなのです。

投手育成コラムではこれまでも何度か制球力について書いてきましたが、今回はハムストリングスに焦点を当てて、制球力について考えていきたいと思います。

ハムストリングスとは、太ももの裏側にある太い筋肉のことです。このハムストリングスの状態が、制球力を大きく左右させることがあります。結論から言えば、ハムストリングスが硬い投手は、制球力が低い場合がほとんどだと言えます。

右投手の場合は左膝、左投手の場合は右膝を上手く使えるかで制球力の良し悪しは変わってきます。振り上げた前脚を着地させる時、どのように着地させるかによって、膝の使い方は自ずと決まってきます。この前脚の膝を上手く使えるかどうかも、実はハムストリングスの柔軟性にかかっているのです。

リリースからフォロースルーにかけて、前脚股関節を深く屈曲(前傾)させるほど、低目への制球力は向上し、ボールに切れも出てきます。そしてこの屈曲状態であるからこそ、前脚の膝に上手く体重が乗り、ボールの進行方向を上手く制御できるようになります。ですがこの時、もしハムストリングスが硬いと股関節の屈曲可動域に制限がかかってしまうんです。股関節を深く屈曲させたくても、ハムストリングスが伸びないために、その伸びないハムストリングスに後ろから引っ張られるように股関節の屈曲が止まってしまうのです。

股関節の屈曲が浅いと着地した膝が突っ張るようになり、棒立ちの状態で投球をしなければなりません。つまり、低いボールを投げようとしているのに、高い位置から投げざるをえなくなるわけです。この状態では当たり前ですが、低目への制球力は低下します。低めに良いボールを投げるためには、股関節を深く屈曲させ、ボールを可能な限り低い位置でリリースする必要があるのです。

ちなみにハムストリングスが硬い投手は、腰痛や背筋痛を引き起こす可能性が高くなりますので要注意です。

ジャックナイフ・ストレッチをご存知でしょうか?ストレートでグイグイ攻めていける投手を目指すのならば、ジャックナイフは毎日朝晩欠かさずに行なうようにしてください。やり方は以下の通りいたって簡単です。

① 良い姿勢で直立する
② 膝を曲げて、手で両足首を握る
③ 少しずつ膝を伸ばしていく
④ 少しずつ手のひらを床に近づけていく

たったこれだけです。普通の前屈と違うのは、膝を曲げた状態から始めるということです。ハムストリングスの硬い投手であっても、毎日継続すれば8~10週間でパームタッチ(手のひらが床にピッタリ着く状態)に到達することができます。最初は膝が少し曲がった状態でのパームタッチでも構いません。そこまで到達できたら、また少しずつ膝を真っ直ぐに伸ばせるパームタッチを目指していけば良いのです。

豪腕と呼ばれる投手の多くは、体に柔軟性が乏しいように感じられます。しかし30代を過ぎ、40代になっても現役を続けている投手たちは、プロアマ問わず体に柔軟性があります。長く質の高い野球を続けていくためには、体の柔軟性は絶対に必要なものです。極端な言い方をすれば、ウェイトトレーニングをしなかったとしても、ストレッチだけは毎日必要以上に時間を割くべきです。

例えばホークスの守護神である馬原孝浩投手は、毎日寝る前に1時間のストレッチを行なっているそうです。高みを目指している投手は、えてしてこのような地道な目立たない努力を決して怠らないものです。

制球力に自信のない投手は、まずハムストリングスの柔軟性を確認してみてください。そして今日からジャックナイフ・ストレッチを最低でも朝晩毎日続けるようにしましょう。1回につき、1ストレッチ10~20秒を3~4回行なうだけでも効果を得ることができます。これで制球力が向上するのなら、決して惜しくはない時間だと思いませんか?

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 冬は投球練習は避けるべきなのか?投手と寒さの関係
次のコラム ボールは人差し指と中指の先だけを使って投げよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾