社会的動機,モチベーション,内発的動機,外発的動機について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球への動機付け~社会的外発的動機

野球への動機付け~社会的外発的動機


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

外発的動機付けの4番目は、社会的動機です。これに関してはかなり細かく分けていくことができるので、1つ1つ順番に解説を進めて行きたいと思います。

① 親和動機
これは人間関係による動機付けのことです。チームメイトとの友情などを通し、自分1人だけではできない辛い練習も、チームメイトと一緒に頑張れば耐えることができるという時などに働いている動機付けです。

② 獲得動機
これはハングリー精神の一種だと言えます。金品などの褒美、金メダルなど、物質的報酬を強く欲することにより働く動機です。強い接近動機として働きますが、獲得動機がなければベストを出せなくなるというリスクもあるため、指導者や保護者は注意が必要です。

③ 優越動機
チームメイトなどの他選手と自分を比べた時、相手よりも優れていたいという思いから生まれる動機です。競争性動機とも言え、達成動機に対する重要な側面を持ち合わせます。いわゆる良いライバルは良い選手を育てるということになります。

④ 承認動機
活躍することで周囲に褒めてもらいたいために頑張るという動機です。子どもに限らず、人は誰でも褒めてもらいたいものです。ですので良いプレーをした選手は、選手が褒めてもらいたいと思っている時に的確に褒めてあげるようにしましょう。なおこの承認動機は資格や賞などに対しても働きます。

⑤ 顕示動機
目立ちたがり屋や、スタンドプレーをする選手に強く働く動機です。周囲に対し自分を印象付けたいという気持ちから生まれるものですが、承認動機とは異なります。顕示動機の場合、社会的に優れているかどうかは関係なく、とにかく目立ちたいという気持ちから派手なプレーをしたり、派手な格好をしたりします。つまりそれが良いプレーであるかどうかは別として、自分が派手に目立てれば顕示動機は満たされます。

⑥ 達成動機
プレーを、より高いレベルで行いたいという欲求から生まれるものです。例えば誰も打てない変化球を投げたり、誰も到達できない記録を達成したりと、競技での成功、勝利に対して働く動機です。達成動機は、優越動機や承認動機との密接な関係を持ちます。なおこれは社会的達成水準の高さに対し働くもので、社会的価値に対して働くものではありません。つまり、記憶よりも記録に残りたいという感情に対し働くものだと言えます。そしてこれは外発的動機付けであると同時に、内発的動機付けとしても考えることができます。

⑦ その他の社会的動機
その他には「相手を叩きのめしたい」という攻撃動機、「相手を屈服させたい」という支配動機、「あんなチームに負けたくない」という屈辱回避動機などがあります。

野球を上手くなるためには、自発的にモチベーションを上げていくための内発的動機が必要不可欠です。その内発的動機を高めるためには、まず外発的動機を内発的動機につなげていくことが必要になります。つまり内発的動機とは、外発的動機の延長線上にあるのです。外発的動機なしに内発的動機は考えられないので、指導者は始めから自発的行動、内発的動機を求めるのではなく、まずは強制的行動、外発的動機によって上手く選手の内発的動機を引き出してあげることが大切になるわけです。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 野球への動機付け~情緒的外発的動機
次のコラム 前脚の膝を柔らかく使えれば制球力はアップする
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾