モチベーション,動機付け,ホメオスタシスについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球への動機付け~ホメオスタシス性外発的動機

野球への動機付け~ホメオスタシス性外発的動機


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

長年野球を続けていると、どんな年代であっても必ず野球に対するモチベーションが下がってしまう時期があります。プロ野球選手であっても、多くの選手は一度は野球をやめたいと考えたことがあると言います。せっかく資質があるのに、モチベーションが下がってしまうことで野球をやめてしまっては、本人のためにもプラスにはなりません。ですのでコーチだけではなく、親御さんも選手のモチベーションが上がるように支えてあげることが大切です。

モチベーションには大きく分けて4つの種類があります。今日はその中でも「ホメオスタシス性動機」についてコラムを書き進めてみようと思います。ホメオスタシスとは、心理学用語で「恒常性」という意味です。つまり、生命を維持するために必要な生理的安定を求める、人間が持つ本能によるモチベーションということになります。かんたんに言えば、本能が「生きたい!」と願うことにより生まれるモチベーションというわけです。

ホメオスタシス性動機は、さらに以下の3つに細分化させることができます。
① 空腹動機
② 呼吸動機
③ 苦痛回避動機

まず①の空腹動機ですが、これはハングリー精神と言い換えると分かりやすいかもしれません。例えば昭和初期中期に活躍したプロ野球選手たちは、誰もがこの空腹動機を持っていました。戦争により日本は貧困にあえいでいた時代で、プロ野球選手になって大金を稼ぎ、お腹いっぱい白いご飯を食べたいという欲求がそれです。お腹いっぱい白いご飯を食べたいという欲求が、野球に対するモチベーションを高めていたのです。

しかし現代人に白いお米と言ってもあまりピンと来ないかもしれませんね。今では白いお米を食べるのが当たり前の時代ですが、戦後日本の一般家庭では白いお米など滅多に食べられるものではありませでした。白いお米は、当時は贅沢な食べ物だったのです。そして現代では食べ物に困ることもありません。食べ物が少ないばかりか、飽和している状態です。ですので日本の現代っ子に空腹動機が働くことはほとんどありません。このハングリー精神の逓減(ていげん)は、日本人アスリート最大の弱点だと言われることもあります。

続いて②の呼吸動機ですが、人間は呼吸をしなければ生きてはいけません。呼吸が妨げられてしまうと、すべてのエネルギーが呼吸をするためだけに使われることになります。例えばピッチャーに10km走らせるラントレーニングをさせるとします。しかしいきなり10kmを走らせて呼吸が困難な状態で走らせてしまうと、それは体力強化には繋がりません。ラントレーニングを効果的に行なうためには、選手の肺活量をしっかりと把握し、その肺活量に則した量を走らせる必要があります。そうしなければ呼吸をすることばかりにエネルギーは消費され、体力そのものの向上が望めなくなります。

最後に③の苦痛回避動機ですが、これは野球をすることで感じられる苦痛を回避しようとするものです。例えば野球のボールは体に当たると非常に痛いですよね。するとその痛みを回避するために、野球というスポーツを避けるための動機が働いてしまうのです。苦痛回避動機の反対語は接近動機です。つまり野球というスポーツが自分にメリットを生じさせると感じられることで、野球というスポーツに接近していく動機として働くものです。

選手の苦痛回避動機を強めないためにも、コーチは選手の接近動機を高めてあげることが必要になります。苦痛回避動機は特に初心者に働きやすい動機となりますので、特に小学生や中学生の世代では、苦痛回避動機を上回る接近動機が必要になります。例えば「コーチは自分を理解してくれている」という感情は、接近動機として働きます。接近動機が働いている選手は、もっともっと野球が好きになり、もっともっと野球を頑張ろうとします。これは上達に対しても大きな影響を与える要素となりますので、ぜひ注意深く選手の動機がどの方向を向いているかを理解する努力をしてあげてください。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 0ポジションはパフォーマンスを高め、故障を防ぐ
次のコラム 野球への動機付け~性的外発的動機
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾