投手,制球力,コントロール,山なりについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

左右の制球よりも、上下の制球の方が難易度が高い

ピッチャーにとっての制球力、これは練習によって向上させることも可能だし、練習だけではどうしようもない先天的要素が大きく影響している場合もあります。今回のコラムでは、ピッチャーにとっての制球力を運動心理学という観点から探って行きたいと思います。

まず制球力というのは、水平方向(左右)と垂直方向(上下)の2つの要素があります。水平方向と垂直方向、どちらが制球しやすいかと言うと、これは水平方向への制球になります。右側に投げるか、左側に投げるかというのは、これは一次元での判断になり、一次元での判断は、二次元や三次元での判断よりも容易であると言うことができます。

一方垂直方向へのコントロールは、奥行きという距離への対応が必須になるため、これは三次元に近い判断力が求められます。例えば高さ1mの的を狙ってボールを投げるとしましょう。この場合、10mの距離から投げるのと、20mの距離から投げるのとでは対応が大きく異なります。20mの距離で投げた時の力加減と同じように、10mの距離で投げればボールは的よりも上に行ってしまいます。この距離感覚のことを「空間能力」と呼びます。

空間能力は、男性ホルモンが多い選手ほど高くなります。つまり女性よりも男性、小学生の男子よりも成人男性の方が高くなるというわけです。つまりこれは生理学的に、女性よりも男性の方が物を投げるという動きが先天的に得意であるということになります。

垂直方向への制球はこのように先天的要素が大きく影響します。これを克服するのは非常に困難です。しかし訓練によっては改善させることは十分に可能です。以前「試合前の山なりのキャッチボールがオススメ」というコラムを書きましたが、まさにこれが垂直方向への制球を改善するための練習方法なのです。

強く真っ直ぐなボールを投げるためには、後天的技術が非常に重要です。つまりしっかりと練習やトレーニングを積めば、強く真っ直ぐなボールを投げることは十分可能です。しかし同じ距離で、今度は山なりのボールを投げるとすれば話は別です。強く真っ直ぐなボールを投げられるエースピッチャーであっても、空間能力に乏しいと、相手が立っている位置に山なりのボールを上手く投げることはできません。

小学生の選手は男子であっても、まだまだ空間能力に富んでいるとは言えません。そのため小学生レベルでは良いボールを投げられる子であっても、三塁手や遊撃手の場合、一塁までの正確な距離を空間能力で計ることができず、必要以上に強いボールを投げようとしてしまいます。するとそこには力みが生まれ、力みは制球を乱し、肘の高さを下げ、イップスや肘痛、肩痛を誘発してしまう可能性が出てきます。

これを防ぐためにも、小学生チームの指導者の方には強いボールを投げることと同じくらい、山なりのボールで空間能力を高めるということを大切に考えて欲しいと僕は思っています。練習により少しでも空間能力を高めることができれば、肘や肩を痛める少年野球選手を確実に減らしていくことができるはずなのです。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
野球肩野球肘撲滅クリニック

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 3割バッターを2割バッターにするための投球術
次のコラム 150kmの投球を可能にするのは技術ではなく技能

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾