投手,ピッチャー,腕,しなり

トップページ > 投手育成コラム > 投球時に腕がしなるメカニズム

投球時に腕がしなるメカニズム

僕がコーチングを担当させていただき、最も多く受ける質問の1つが「腕のしなり」です。どうすれば腕がしなるようになるのか、本当に多くの投手から質問を受けます。今回は腕がしなるメカニズムを簡単に解説していこうと思います。

まず腕がしなることによるメリットですが、ボールに勢いが生まれます。つまり腕がしなればしなるほど腕に助走が付けられることになり、その分ボールに伝わるエネルギーも大きくなるというわけです。

腕をしならせるためには、投球時に腕から力を抜くことが大切です。投球時に腕に力が入ってしまうと腕がしならないばかりか、肘がロックされてしまい肘痛を誘発してしまうことになります。ですので投球時、まず腕から力を抜くというところからスタートしてください。投球時に力を入れるべくポイントは、ボールをリリースするその一瞬のみです。

では、腕から力が抜けたところでしなりのメカニズムを解説していきましょう。スローングアーム(投球腕)の手は投球スタート時、グラブの中に入っていると思います。そこからグラブとボールをセパレート(分離)させていき、テイクバック~アーリーコッキング~レイトコッキング~トップ~アーリーアクセラレーション~レイトアクセラレーション~リリース~フォロースルーと動作が繋がっていくわけです。

この時腕がしなっていると、腕は以下のような動作を起こしています。

テイクバック・・・内旋(内旋し切った時にサイレントピリオド -リラックス状態- が現れるのが理想)

コッキング・・・外旋(外旋し切った段階がトップであるのが理想)

アクセラレーション・・・内旋

リリース・・・指先がキャッチャーミットに正対

フォロースルー・・・正対からさらに内旋

これらが腕がしなっている時の状態です。そして腕が最もしなっているように見えるのはトップです。トップでは最大外旋の状態になっているため、ベクトルが肘が曲がって行く方向と一致します。簡単に言えば肘を楽に曲げられる状態というわけです。

腕がしなると言っても、実際にしなっているわけではありません。あくまでもしなって見えているだけなのです。ではなぜしなってるように見えると、ボールの勢いが増すのでしょうか?その答えはストレッチ&ショートニングにあります。ストレッチ&ショートニングとは、筋肉が縮んだり伸びたりすることです。筋肉は伸ばすことにより縮むためのエネルギーが生まれ、縮むことにより伸びるためのエネルギーが生まれます。つまりこの場合、テイクバックで腕を内旋させることにより腕を外旋させるためのエネルギーが生まれ、コッキングで外旋させることによりアクセラレーションで内旋させるためのエネルギーが生まれているというわけです。

そしてこれらの内旋・外旋が行われることにより、肩周りにある何種類もの筋肉が満遍なくバランス良く使われることになります。つまり投球時にかかる肩への負荷を、すべての筋肉に少しずつ分担させることができるため、局部的に筋肉が酷使されることがなくなり、肩を痛めるリスクを軽減させることができます。これはいわゆる「消耗品ではない肩」のことです。

逆に内旋・外旋を行わず、肩や腕の筋肉に頼ったカタパルト(古代の投石器)のような投げ方をしてしまうと、筋肉は部分的に酷使されることになり、その部位を痛めてしまいます。

ちなみに投球時の腕の内旋・外旋は、腕の動きだけで実現させようとしてはいけません。内旋・外旋は一連の動作の中で自然に発生している必要があります。そしてそれに必要なものが、腕の脱力としっかりと鍛えられた下半身というわけです。このどちらか1つでも欠けてしまえば、腕がしなることもなくなってしまいますので、注意してください。

野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 投球時の軸脚は蹴るのではなく内旋させよう
次のコラム 試合前の山なりのキャッチボールがオススメ
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾