TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > サイドスローに転向しても制球力は上がりません

サイドスローに転向しても制球力は上がりません


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

内野手がサイドスローで投げるのは、コントロールを良くするためと勘違いされている方が、意外と多いんです。この迷信を信じ、制球難の投手がオーバーハンドスローからサイドハンドスローに転向するという話をよく耳にします。しかしこれは明らかに間違った考え方です。サイドスローでもコントロールが悪い選手は悪いのです。ではなぜ内野手はオーバースローではなく、サイドスローで投げるのでしょうか?その理由は簡単です。送球の弾道を低くさせると同時に、スナップスローを可能にさせるためです。

オーバースローで投げると、ボールの弾道はどうしても高くなりがちです。そしてスナップスローで投げることも困難になります。ですがサイドスローの場合はボールの弾道は自ずと低くなり、スナップスローも可能になります。

内野手は、外野手や投手とは違い力強い送球は求められていません。内野手に求められるのは、いかに速く正確に送球できるかということです。それを可能にさせるのがサイドスローというわけです。

さて、ここでもう1つ勘違いされていることをご紹介しておきましょう。スナップスローを、手首の力を使って投げると勘違いされている方はいらっしゃいませんか?それは間違った解釈です。スナップとは、日本語では「ピシッと動く」「素早く動く」という意味があります。つまりスナップスローとは、「ピシッと素早く投げる」という動作を意味します。

具体的に言うと、外野手や投手のようにテイクバックを取らずに、捕球したら即座にトップの位置にボールを持って行き、そのまま投げる動作のことです。これがスナップスローです。つまりスナップスローとは、テイクバックを取らずに投げるという意味です。もちろんこの動作の中で手首の力を利用することはありますが、手首の力は決してメインではありません。

スナップスローを理解したところで、もう一度サイドスローに話を戻しましょう。内野手にとってのサイドスローのメリットは、送球の弾道が低くなることだと先述しました。これが主にどう役立つかと言いますと、併殺プレー時です。ショートが捕球し、それを二塁に入ったセカンドが受け一塁に転送。この時サイドで投げ、送球の弾道が低くなると、一塁ランナーは送球にぶつからないように、二塁ベースのかなり手前からスライディングしなくてはならなくなります。すると当然送球動作を妨害する走塁はできなくなり、セカンドはより安全に一塁にボールを転送することができます。

さて、ここまで述べればもうお分かりだと思います。オーバーハンドスローの投手がサイドハンドスローに転向する際の理由は、制球力の向上ではなく、低めにボールを集めることが理由でなくてはいけないわけです。これを理解した上でサイドスローに転向するのならば、きっとその転向は上手くいくでしょう!

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾