野球肩,横回転軸,縦回転軸について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 体格に合った投げ方をすれば、肩痛はなくなる

体格に合った投げ方をすれば、肩痛はなくなる


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

野球選手の肩痛はなぜ起こるのでしょうか?「投げ方が悪いから」と言ってしまえば元も子もないのですが、それを含め、やはり肩痛を繰り返し起こす選手はボールを投げるための理論を知りません。理論を知り、自分の身体に合った正しい投げ方をすれば、野球肩を回避することは十分可能です。

「自分の身体に合った投げ方」と書きましたが、ここが重要です。ピッチャーは身長によって投げ方を変えるのが、正しいピッチングモーションの作り方です。つまりまず考えなければならないのは、背が高いか高くないかという点です。僕の経験上その境目は、185cm前後だと考えています。

180cm以上で185cmを上回る身長の投手は、背が高いと分類します。そして185cm以下で180cmを下回る選手を背が高くないと分類します。ここでは背が高くない選手をAタイプ、背が高い選手をBタイプとして説明をしていきたいと思います。

まずAタイプの選手の場合、身長がそれほど高くはないということで、手足も必要以上には長くありません。ですので投球時、投げる手がそれほど遠回りしないので、肩に必要以上の遠心力が掛かることがありません。そのため横回転エネルギーでボールを投げることができるというわけです。横回転とは背骨(体幹)を軸にして、その軸回転を使う投げ方です。

一方Bタイプの長身投手の場合、身長に比例して手足も長くなります。長い手を使ってボールを投げると、当然それだけ大きな遠心力が掛かってしまいます。ボールを投げる際に生じる遠心力は、肩関節を引き離そうとするエネルギーが働きます。そのため長身投手の場合、Aタイプの投手のように横回転軸でボールを投げると、ローテーターカフに大きなストレスがかかり、肩痛を引き起こしてしまいます。

それを防ぐために、Bタイプの投手は縦回転軸で投げるのです。分かりやすく説明をすると、柔道の背負い投げのように、身体を前屈させることによって得られるエネルギーで投げる投げ方です。いわゆる真上から腕を振り下ろすような投げ方ですね。この投げ方の場合、横回転軸で投げるよりも腕にかかる遠心力は小さくてすみます。

上記の内容を踏まえると、やはり自分の身体に合った投げ方をしていない投手が非常に多いということが分かります。例えば190cmを超える選手がサイドスローに転向してみたり、子どもを含めて身体の小さな選手が真上から大きな腕の振りで投げていたり。選手個々の体格に合わない投げ方をすれば、当然故障のリスクは高まります。

例えば長身選手がコントロールに苦しみ、オーバーハンドスローからサイドハンドスローに変えることを、僕は良いとは思いません。その選手がコントロールに苦しむのはオーバーハンドスローのせいではなく、その投手のピッチングモーションに欠陥があるためです。その欠陥に気付かずに、まるで逃げるようにしてサイドに転向したとしても、その投手が大成するとは考えられません。

例えば181cmというどっちづかずの身長であった巨人の斎藤雅樹投手。斎藤投手は故藤田元司監督のアドバイスでオーバースローからサイドスローに転向し、90年代を代表する偉大な投手へと変身することができました。これなどは、指導者である藤田監督が斎藤投手の体格をよく理解し、それを活かすことができた好例です。

昨年だったでしょうか、ホークスの新垣投手がオーバースローからサイドスローに転向するというニュースが報じられました。今現在サイドなのかは分かりませんが、しかし189cmの新垣投手がサイドに転向すれば、それは体格に合わない投げ方ということになり、再び肩痛を悪化させてしまうことになるでしょう。新垣投手の場合はサイドに転向することよりもまずは、なぜオーバースローでコントロールが悪いのかという理由を知る必要があります。その理由を知ることができれば、制球難は克服できたはずなのです。

サイドスローにすれば制球が良くなると考えている選手は多いようですが、しかしそれは迷信です。サイドでもコントロールの悪い投手は悪いのです。自分の身体に合った正しい投げ方さえできていれば、オーバースローでもサイドスローでも、制球力は必ず上がります。ちなみに僕は近い将来、新垣投手のようなトッププロである悩める投手をサポートし、復活させてあげることを1つの目標にしています。

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 野球肘のリハビリは、まずは痛みをなくすこと
次のコラム サイドスローに転向しても制球力は上がりません
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾