TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > 柔軟過ぎる肩甲骨は肩痛を引き起こす

柔軟過ぎる肩甲骨は肩痛を引き起こす


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

身体に柔軟性があるほど怪我をしにくくなるというのは事実です。しかし身体が柔らかいがために引き起こされる故障もあります。それは野球肩です。身体が硬いとそれだけ故障しやすくなりますが、柔らか過ぎても故障に繋がります。特に肩甲骨の柔らかさには注意が必要です。

肩甲骨は背中上部に浮いているようにある左右2つの骨です。浮いているだけあって、可動域は比較的大きな骨です。前後にも左右にも動かすことができます。柔軟性が高いがためにこの肩甲骨の可動域が広過ぎてしまうと、肩痛を引き起こしてしまいます。ただ、これは諸刃の刃です。可動域が広いことで球威はアップしますが、しかしその分肩にかかる負担も大きくなるのです。

肩甲骨の可動域が広いと、ピッチングでテイクバックをした際、腕が背中側に大きく入っていきます。すると腕のアクセラレーション(加速)幅が広くなることで、球威や球速はアップします。ですがここには弊害もあるのです。それは、腕(肘)が背中側に入り過ぎてしまうと、腕がしっかりとトップの位置に到達する前に投球モーションが進んで行ってしまいます。つまり、腕・肘が下がった状態で腕が振られてしまうわけです。

状態が良い時はトップをしっかりと作れることもあります。しかし疲労などが出てくると、他の投手以上に肘や腕が下がりやすくなります。肘や腕が下がれば、それは肘痛や肩痛の原因になってしまいます。以前ヤクルトに伊藤智仁投手という快速投手がいましたが、伊藤投手はこれが原因で長らく肩痛に苦しんでしまいました。伊藤投手の肩甲骨の可動域は、かなり広かったのです。

ただし、肩甲骨の可動域が通常よりも広かったとしても、必ず肩痛が起こるというわけではありません。例えば体幹(コア)を強化し、下半身~体幹という流れで力強く腕をリードしてあげることで、肘・腕が下がることを回避することができます。この場合体幹の中でも特に腹斜筋が重要です。

やや内旋させたグラブ手を投球方向に突き出し、それを外旋させながら力強く腋に巻き取ることで、投げる側の腕の力を用いずに、腕を強く振ることができます。そして力強く巻き取ることで、体幹をグラブ手側に傾かせることができます。投球時に体幹がグラブ手側に傾くことで、相対的に投げる側の肘・腕を上げていくことができます。これができれば肩甲骨の可動域が通常よりも広くても、肩痛を起こすリスクを軽減させることができます。

これは肩甲骨の可動域が広くないピッチャーにも同じことが言えます。腹筋・腹斜筋・背筋などのコアをしっかりと鍛えることで、肩痛のリスクは確実に減らすことができます。また、インナリングによりインナーマッスルを調整してあげることで、関節の可動域を同時に調整していくこともできます。

肩痛には必ず人それぞれの理由があります。その理由を正しく知るということが、肩痛克服の近道となるわけです。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾