野球肩,肩痛,克服,腹筋について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

腹筋をして治る野球肩もある

ピッチャーにとって肘痛が投げ方の悪さに原因があるとすれば、肩痛は投げ方の悪さに加え、トレーニング不足というさらなる原因も考えられます。ある程度速いボールを投げることは、筋力のない女性選手でも十分に可能です。しかしある程度以上に速いボールを投げ続けるためには、それ相応の筋力が必要になってきます。その筋力が足りないと、例え投げ方が良くても肩痛を引き起こしてしまいます。

肩痛も、例えば関節胞や靭帯の損傷となると、それは病院で治療するしか方法はありません。しかし病院に行ってもこれと言って明確な問題点が見つからない場合、筋力不足ということも視野に入れるべきでしょう。

と言っても、肩周りの筋力の話ではありません。ピッチャーにとっての肩痛は、常に問題が肩にあるとは限らないのです。例えば毎日腹筋をすることで治る肩痛もあるのです。

ピッチングという動作は、常に下半身主導で行うべく動作です。足でしっかりと地面を噛み、地面から得た反力エネルギーを効率よくボールを握った指先に伝え、そのエネルギーでボールをリリースさせます。ここでもし筋力が不足しているとどうなるでしょうか?

まず足腰の筋力が足りない場合。ステップ幅が狭くなることで、身体が沈まなくなります。身体が沈んでいかないということは、相対的に肘の位置が低くなります。肘が下がった状態でボールを投げ続ければ、当然肩・肘に大きな負担がかかり、痛めてしまう結果となります。さらに言えばステップが狭くなると球威が落ちます。下半身で作り出すべく球威が作れないと、どうしても上体だけで球威を作ろうとし、その余分が力みが肩に大きな負担を与えてしまいます。

そして腹筋が足りない場合。ピッチングは地面から得た反力エネルギーをボールに伝える作業であることはすでに書きましたが、そのエネルギーは、すべてがボールに届くわけではありません。脚、腰、腹筋、背筋を介していくことで、エネルギーは肩に届くまで徐々に消費されていくんです。しかしもし腹筋、特に腹斜筋の強さが足りない場合、そこで消費されるべくエネルギーが消費されることなく、肩にダイレクトに届いてしまいます。すると肩には必要以上のエネルギーが集まってしまい、エネルギーの容量オーバーを起こしてしまいます。ということはこの場合の肩痛は、腹筋を鍛えることで改善させられる可能性があるということになります。

肩が痛いからと言って、肩周りを鍛えるだけでは肩痛は治りません。身体全体をバランスよく鍛える必要があります。そしてバランス良く鍛えた身体で、バランス良く投げることにより、初めて消耗しない肩を得ることができるのです。肩は決して消耗品ではありません。バランスの良い身体でバランスの良い投げ方をすれば、常識範囲内の連投で肩を壊すことは決してありません。

「肩は消耗品だ」と言うコーチを時々見受けます。しかしそれは僕に言わせれば、選手を消耗品扱いしているも同然のこと。選手に野球を教える立場なのであれば、それはプロであろうと少年野球であろうと、選手たちのベストコンディションを引き出してあげるのが役割です。バランスの良い身体でバランス良く投げることができれば、肩はそう簡単には消耗しません。そして選手を良いバランスへと導いてあげることは、何よりも重要なコーチの役割の1つです。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 子どもの肘痛は遺伝性である可能性もある
次のコラム 10代の野球選手とプロテイン

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾