キャッチボールの英語

トップページ > 野球用語×英語 計85語句 > キャッチボール/catch

キャッチボール/catch

日本でもアメリカでも野球の基本がキャッチボールだということは同じです。アメリカでもウォームアップの一環としてみんな必ずキャッチボールをしていきます。でも英語ではキャッチボールのことを catch ball とは言いません。単に catch と言うんです。「キャッチボールしようぜ!」と言いたい時は「Let's play catch!!」と言います。

ちなみに投手と野手ではキャッチボールに対する取り組み方が、日米ともに変わってきます。野手の場合はまさにウォームアップの一環としてキャッチボールをするのですが、投手の場合はウォームアップというよりは、フォームチェックのためにキャッチボールをします。ですので投手の場合はただ肩を温めるだけではなく、しっかりと良いフォームになっているかを確認しながらキャッチボールを行う必要があるんです。

つまり投手にとってキャッチボールというのは、運動強度こそ違えどマウンドやブルペンでの投球練習と同じなんです。「マウンドではこういうフォームで投げたい」という形を、平地で行うキャッチボールで丁寧に作り上げた上で、傾斜のあるマウンドやブルペンに登るのが投手の基本ルーティンとなります。

  • 日本語/キャッチボール
  • 英語/catch
  • 読み方/キャッチ



インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球用語×英語カテゴリー
その他の用語  ルール用語  作戦用語  守備用語  打者用語  投手用語 

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾