バット用語について書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2018年12月21日

バットへの理解を深めれば打撃パフォーマンスは向上する!

  • バットのことを理解できなければ、パフォーマンスは向上しない!
  • 木製バットは材質が変われば扱い方も変える必要がある!
  • 野球というスポーツはコーディネイト能力を高められる!!

野球というスポーツは、コーディネイト能力を最も高めることのできるスポーツです。コーディネイト能力とは、何かを調整したり、調和を作り上げる能力のことです。例えば使う道具と自分との関係を上手く調整したり、調和させたり、あとはチームメイトとの調和を成り立たせたり。でも道具に関しての理解が浅い選手が非常に多いように感じられます。


例えばバット1本取っても、バットにはいくつもの用語があります。グリップ、グリップエンド、ノブ、スウィートスポット、芯、バレル、プラグ、板目、柾目、クレスト、トップバランス、ミドルバランス、カウンターバランスなどなど。材質に関して言えば同じ木製バットであっても、アオダモ、ホワイトアッシュ、メイプル、ハードメイプル、バンブー、ラミ、ビーチ、朴などがあり、材質によって扱い方や打感がまったく変わってきます。

さて、バットには芯の太い、細いというのがあるのをご存知でしょうか?金属バットの場合は芯が太い場合がほとんどですが、木製バットの場合は芯の太さによってバットの扱い方をガラッと変える必要があります。

芯が細いバットの場合、ジャストミートさせることは難しいのですが、ジャストミートさせられると打球が本当によく飛んでいきます。逆に芯が太いバットの場合、ミートさせることは簡単なのですが、その反面飛距離はそれほど伸びません。しかしアマチュア選手の場合、購入前に実打して確かめるわけにはいきません。プロ野球選手のように10本くらい大人買いして、その中から自分に合った1本を選ぶことができれば最高ですが、アマチュア選手ではそんなことはできません。

だからこそ技術が必要なんです!つまりどんな種類のバットであっても自分自身をバットにアジャストしていけるコーディネイト能力です。自分の技術に道具を合わせるのではなく、道具の性格に自分のパフォーマンスを合わせていけるのが技能というものです。つまりミスを道具のせいにしてしまうのは、自分に技能がないことを証明しているということになるわけです。

そしてこのコーディネイト能力を活かすためにも、バット用語を理解し、その1本への理解を深めることが必要なわけです。人間関係と同じですね。相手のことを理解することができなければ、友情を築き上げることはできません。バッティングも同じです。バットのことを深く理解することができなければ、そのバットを最大限活かすことができず、そのバットによるパフォーマンス(バッティング)を最大限高めることもできなくなってしまうというわけです。

最大限のパフォーマンスを引き出すためにも、ご自身がお持ちのバットの性格をしっかりと理解するようにしてみてください。バットの性格に新たな発見があれば、そこから自らのパフォーマンスをさらに向上させていくことも可能になるはずです。

マンツーマン野球塾のアスリートコース
10年目突入の感謝セール実施中!
1時間あたり¥1250円で受講いただけます!
無料体験コーチング&説明会も実施中!


コラム著:Coach Kaz/ブログ

前のコラム プロコーチがM号J号を数ヵ月使ってみた感想
次のコラム タイミングを量るのは非軸足。手で量らないように気をつけよう!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング

【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019 Littlerockheart