フロントウェイト,体重移動について書かれたスラッガー養成コラムです。

トップページ > スラッガー養成コラム > フロントウェイト打法の利点はバットにトップスピンがかかること

フロントウェイト打法の利点はバットにトップスピンがかかること

  • 現代野球ではバックウェイト打法の方がメリットは多い!?
  • しかしフロントウェイト打法にも特有のメリットはある!
  • そのメリットとはバットにトップスピンがかかること!

当野球塾のスラッガー養成コースではバックウェイト打法を中心にコーチングを行なっています。しかしフロントウェイト打法にメリットがないのかと言えばそんなことはありません。現代野球ではバックウェイト打法の方が有利な点が多いため、コーチングではバックウェイト打法を中心にコーチングを行っています。しかしご要望があればフロントウェイト打法のコーチングを行うことももちろん可能です。


さて、ではフロントウェイト打法の最大のメリットとは何なのでしょうか?結論から言うとそれは、バットにスピンをかけられるという点です。しかしこれは下半身をしっかりと使いこなすことができ、股関節を含めた骨盤が最適な状態で機能していることが前提となります。手打ちの状態ではバットに良い形でスピンを与えることはできません。

フロントウェイト打法は、バックウェイトと比較をすると頭の位置が動きやすくなります。ですので頭の位置を最初から最後までなるべく変わらない打撃モーションを身につけることも必須になります。これができなければ例えバットに良い形のスピンを与えられたとしても、根本的にバットにボールが当たらなくなってしまいます。

ではバットにスピンをかけるメリットとは?もっと言うと下半身をしっかりと使えて骨盤の動きが打撃動作の中で機能し始めると、スウィング中のバットにトップスピンがかかるようになります。

バットにトップスピンがかかった状態でボールの下を叩けばボールにはバックスピンがかかり、放物線を描くようなホームラン性の打球を打てるようになります。逆にボールの上を叩くとボールにトップスピンがかかり、球足の速いゴロを打てるようになり、内野手の間を抜けていくゴロを多く打てるようになります。

バックウェイトではどうしても上手くタイミングを取れなかったり、フロントウェイトを変えたくないという選手は、もちろんフロントウェイトで打ってオーケーだと思います。しかしどうせフロントウェイトで打っていくのであれば、骨盤をしっかりと機能させ、バットにトップスピンをかけた状態でスウィングできるようになっていってください。それができればヒットの本数は今まで以上に増えていくはずです。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新のスラッガー養成コラムは2020年02月13日(木)公開の
『筋トレにしかならない素振りをしている選手は要注意!』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム ノーステップ打法にはメリット以上のデメリットが存在する?!
次のコラム バッティングでは手首を使わない方が打率が上がり怪我も減る!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾