TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 大谷翔平投手の肘を守っているモータス社製のバンド

大谷翔平投手の肘を守っているモータス社製のバンド


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく見かけるモータスのバンド

最近メジャーリーグを見ていると、スローイングアームに黒いバンドを装着しているピッチャーをよく見かけます。これはメジャー30球団中27球団で導入されている、モータス社製の筋疲労値の測定器です。大谷翔平投手も付けていますね。ちなみにモータスは2020年2月に、かの有名なドライヴインベースボールに買収されました。

しかし僕はこのモータスをあまり信頼していません。コンセプトとしては、故障のリスクが高まる前に筋疲労値を見ながらパフォーマンスを抑え、故障を予防していく、というものなのですが、これにより27球団で故障者が目に見えて減っているようには見えません。

エンジニアによると、大谷投手の故障は筋疲労によるものであり、フォームが怪我に影響したという証拠はない、とのことでした。しかし僕は大谷投手のピッチングフォームに欠点がないとは思いません。

速いボールを投げるフォームと、怪我を防ぐことのできるフォームは同時に実現させられます。しかし大谷投手の場合はそれが同時実現させられていません。特にトップポジションへの入り方付近の肩関節の内外旋を見ていくと、決して理想的なフォームになっているとは言えません。

肘を痛めない正しい投げ方は科学的に存在している!

モータスのエンジニアは、少しずつ蓄積された疲労が大谷投手の靭帯を伸ばしてしまったと話していますが、根本的に靭帯に負荷をかけないピッチングフォームは存在しています。そのフォームになっていない限りは、フォームが原因で怪我をしたのではない、とは言い切れないはずです。

現に僕の生徒さんの中には、内側側副靱帯を痛めていた選手も大勢いましたが、動作改善を行うことにより靭帯への負荷を回避し、ほとんどの選手が痛みなく投げられるようになっています。

モータスによって筋疲労値を測定できるようになったことは素晴らしいと思いますが、しかしせっかくドライブインベースボールの傘下となっているのですから、もう少しバイオメカニクスと絡めて見ていっても良いような気もします。少なくとも現時点での大谷翔平投手のピッチングフォームは、肘にまったく負荷がかからないフォームではありません。

モータスのエンジニアが、何を以って大谷投手のフォームに問題がないと結論づけたのかは分かりませんが、肩肘への負荷を軽減できる最高のフォームでないことは確かです。

165kmという球速は本当に魅力的ですが、しかしそんなに速いボールを投げる前に、まずは怪我をせず投げ続けるためのバイオメカニクスを、専門家によってコーディネートしてもらることも必要なのかなぁ、と思った今日この頃でした。

TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾