イップスについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > イップスは槍投げを真似することで改善することがある

イップスは槍投げを真似することで改善することがある

  • 腕は正円ではなく楕円で振ろう
  • 槍投げができる投げ方でボールを投げよう
  • 適切な投げ方ができてればイップスにはならない


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

イップスを誘発させる動作はいくつかあるわけですが、今回はその中でも腕の振り方について少しお話をしてみたいと思います。イップスになりやすい腕の振りというものが存在します。それはボールを投げたい方向と、腕を回していく方向が一致していない振り方です。

腕は正円ではなく楕円で振ろう

真横から見ると、腕を正円に近い形で回してボールを投げている選手が非常に多いと思います。正円で腕を振ってしまうと、的に対して真っ直ぐ投げられるリリースポイントというのは一点しかなくなってしまいます。その一点をわずかに前後してしまうだけでも制球は乱れてしまい、それを修正するために今度は手首を使うようになり、さらにフォームを崩すことによってイップスを誘発してしまう結果に繋がってしまいます。

スローイングアームは正円ではなく、横長の楕円を描くように振ってください。そうすれば多少リリースポイントが前後したとしても、ボールはちゃんと的に向かって飛んでいくようになります。ただし、もちろんリリースポイントは前後しないに越したことはありません。

槍投げができる投げ方でボールを投げよう

イップスになってしまう投げ方では、絶対に槍投げをすることはできません。野球の投げ方では、槍投げができる投げ方が理想の投げ方です。しかし少年野球や市販されている教則本では、槍投げをすることがまったくできないような投げ方が指導されてしまっています。例えばトップポジションで手のひらを外側に向ける形などは、まったくダメなパターンです。この形では肘がスムーズに上がらなくなり、野球肩野球肘のリスクを高め、ボールの回転数も回転角度も向上させることはできず、まったく良いことはありません。

いまちょうど世界陸上が行われていますので、ぜひ槍投げ選手の腕の使い方を観察してみてください。テイクバックでもアクセラレーションでもリリースでも、槍はいつも投げたい方向を向いていると思います。そしてリリース後の肩関節は引き続き内旋していきます。もし古いバットとかモップの柄などがあれば、槍投げの真似をして投げてみてください。ちゃんと槍投げの投げ方ができていれば遠くまで投げられますし、そのフォームでボールを投げられれば、パフォーマンスもアップしていくはずです。

適切な投げ方ができてればイップスにはならない

スポーツショップに行くと、アメフトのボールみたいな形をした野球ボールや、ヴォーテクスという練習器具が市販されています。このような道具を使っても、槍投げと同じフォームを身につけることができますので、試してみると良いかもしれません。ちなみにヴォーテクスは大谷翔平選手も愛用している練習器具です。

いまだに、野球をしている限り肩肘を痛めるのは当たり前だと考えている方がいますが、それは大間違いです。適切な投げ方ができてれば肩肘を痛めることはありませんし、制球難に悩んでイップスになってしまうこともありません。適切な投げ方ではないから、投げたいところに投げられずにイップスを誘発してしまったり、怪我をしてしまったりするんです。槍投げのフォームを真似することはイップスの改善に効果がある練習方法の1つですので、ぜひ試してみてください。

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ボールに角度をつけたくても股関節を置き去りにしてはダメ
次のコラム 試合でもブルペン通りのピッチングをするために必要な準備
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾