カーブ,スライダー

トップページ > 投手育成コラム > カーブとスライダーは曲がり方も投げ方も実は全然違う!

カーブとスライダーは曲がり方も投げ方も実は全然違う!

  • カーブは手から放たれた瞬間から変化が始まる!
  • スライダーは途中まではストレート軌道!
  • カーブとスライダーは実は投げ方が全然違う!

カーブとスライダーを混ぜ合わせたような球種をスラーブと言ったりしますが、僕個人としてはカーブとスライダーというのはやはり分けて考えるべきだと思います。なぜかと言うと、その方がピッチングの幅を広げやすいからです。もちろんちゃんとしたカーブも、ちゃんとしたスライダーも投げられる上でスラーブを投げるのであればいいと思うのですが、スラーブだけとなると、幅は狭くなりがちです。


皆さんはカーブとスライダーの違いを厳密に説明することはできるでしょうか?両方とも横や縦に曲がる球種な訳ですが、この2つの球種には明確な違いがあるんです。

まずカーブというのは、ピッチャーの指先から放たれた瞬間から変化が始まる球種のことです。一方スライダーは、途中まではストレートの軌道で、ある一点を通過すると横に曲がり始める球種のことです。スライダーの場合、ストレート軌道の距離が長いほどキレがある良いスライダーということになります。バッターの手元まで行ってカクッと曲がるスライダーなら最高ですね。

さて、カーブという球種はトップスピンに近い回転をかけることによって進行方向に対するマグナス力を小さくし、ブレーキをかけながら落ちていくという変化を見せます。ですので英語ではブレーキングボールと言われることもあります。特徴としては中指の、薬側の腹を使って、縫い目を広く使ってボールを抜きながら回転をかけるという点です。

一方スライダーは指先を縫い目に斜めにかけ、ストレートのように投げて鋭いサイドスピンを与え、空気抵抗に勝つ勢いがなくなったポイントで、横方向へのマグナス力によって曲がっていくのが特徴です。

今回の投手育成コラムではカーブとスライダーの違いを少し解説してみましたが、文章だけだとちょっとわかりにくいですね。怪我をしない変化球の投げ方、キレのある変化球の投げ方をもっと教わりたいという方は、ぜひ当野球塾にコーチングを受けにいらしてみてください。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 手投げを身につけるための練習をさせてしまう少年野球の現状
次のコラム 今年最も多く読まれた投手育成コラムBEST10
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾