TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾TOP  オンデマンド野球塾  野球の教科書  野球塾マネジメント講座  お問合せ
オンライン野球塾TOP > 野球の教科書シリーズ > カーブとスライダーは曲がり方も投げ方も実は全然違う!
このコラムは旧投手育成コラムです。 リニューアルした野球の教科書シリーズはこちらのページにてお楽しみください。

カーブとスライダーは曲がり方も投げ方も実は全然違う!

【このページの主な内容】

  • カーブは手から放たれた瞬間から変化が始まる!
  • スライダーは途中まではストレート軌道!
  • カーブとスライダーは実は投げ方が全然違う!

このエントリーをはてなブックマークに追加
球速アップ

【注目】 Kaz先生の無料オンラインカウンセリングが受付開始!今すぐピッチングフォームの動画を送ってみよう! 詳しくはホームページでチェックしてね!

カーブとスライダーを混ぜ合わせたような球種をスラーブと言ったりしますが、僕個人としてはカーブとスライダーというのはやはり分けて考えるべきだと思います。なぜかと言うと、その方がピッチングの幅を広げやすいからです。もちろんちゃんとしたカーブも、ちゃんとしたスライダーも投げられる上でスラーブを投げるのであればいいと思うのですが、スラーブだけとなると、幅は狭くなりがちです。


皆さんはカーブとスライダーの違いを厳密に説明することはできるでしょうか?両方とも横や縦に曲がる球種な訳ですが、この2つの球種には明確な違いがあるんです。

まずカーブというのは、ピッチャーの指先から放たれた瞬間から変化が始まる球種のことです。一方スライダーは、途中まではストレートの軌道で、ある一点を通過すると横に曲がり始める球種のことです。スライダーの場合、ストレート軌道の距離が長いほどキレがある良いスライダーということになります。バッターの手元まで行ってカクッと曲がるスライダーなら最高ですね。

さて、カーブという球種はトップスピンに近い回転をかけることによって進行方向に対するマグナス力を小さくし、ブレーキをかけながら落ちていくという変化を見せます。ですので英語ではブレーキングボールと言われることもあります。特徴としては中指の、薬側の腹を使って、縫い目を広く使ってボールを抜きながら回転をかけるという点です。

一方スライダーは指先を縫い目に斜めにかけ、ストレートのように投げて鋭いサイドスピンを与え、空気抵抗に勝つ勢いがなくなったポイントで、横方向へのマグナス力によって曲がっていくのが特徴です。

今回の投手育成コラムではカーブとスライダーの違いを少し解説してみましたが、文章だけだとちょっとわかりにくいですね。怪我をしない変化球の投げ方、キレのある変化球の投げ方をもっと教わりたいという方は、ぜひ当野球塾にコーチングを受けにいらしてみてください。

kaz001.png 筆者:Kaz先生
TeamKazオンライン野球塾


球速上げたきゃ股関節を使え!
TeamKazオンライン野球塾 夏休みの間に球速をアップさせておこう。今なら安心の無料オンラインカウンセリング実施中。


TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント

このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムは2020年3月より全面改装作業に入りました。 新投手育成コラムはこちらのページ旧投手育成コラムはこちらのページ よりお楽しみください。

SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

旧投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾