イップス,柔軟性,股関節について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

柔軟性が低い選手はかなり高い確率で制球難に陥ります

  • 特に小中学生の野球選手は他競技よりも柔軟性が低い選手が多い!
  • 柔軟性の低さはスポーツ選手にとっては致命傷になるうる!!
  • 柔軟性が低い状態で筋トレを行なってもスポーツでは役立たない!

マンツーマン野球塾Kazコーチのマンツーマン野球塾
超お得な夏休み限定パック新登場! (先着5名様限定)

当野球塾は2010年1月にスタートして以来、これまでに軽く1000人を超す人数のコーチングを行ってきました。しかしその中で非常に気になるのが、柔軟性の低い選手が非常に多いということです。柔軟性の高さというのはスポーツで上達するためには絶対不可欠な要素です。にも関わらず他のスポーツをしている選手たちと比較をすると、野球チームにおける柔軟性の低い選手の割合が非常に多いというのが現実です。


柔軟性が低ければ筋疲労の回復も遅れますし、タイトな動きしかできないため怪我もしやすくなります。また、関節可動域が狭まるために加速動作も短くなり、ピッチャーであれば球速を上げることも難しくなります。さらに体が硬い選手は、制球難やイップスになる可能性が、柔軟性の高い選手と比べるとグンと高くなります。

イップスの最も大きな原因はクロスインステップです。イップスに悩んでいる選手で、インステップの気がまったくないという選手は、当野球塾においてはほとんどいませんでした。そして柔軟性が低く、股関節の可動域が狭い選手というのはクロスインになることが非常に多いんです。ステップをしていき、足部を着地させるまでの間につま先を真っ直ぐ向けられるだけの可動性が股関節にないためです。

股関節周辺の柔軟性が非常に高く、なおかつ股関節を深く使ってボールを投げられている選手で制球力が明らかに低いという選手は、年代問わずほとんど見たことはありません。

ですので怪我を防ぐ、回復力を低下させない、球速をアップさせる、制球を安定させるという面において、柔軟性というのは非常に重要な要素なのです。近年は高校であってもトレーニング設備が充実し、ガンガン筋トレをやってしまう選手が多く、その筋力によってパフォーマンスを上げようとしてしまうことも多いと思います。しかしそのやり方はもちろん間違いです。

筋力というのは柔軟性あってこそのものです。ですので筋力を増やす際は、今以上に柔軟性を向上させるられるように工夫しながら行う必要があります。それを行わずに筋トレばかりをやってしまうと、柔軟性の低い体の状態を維持するための筋力を作る結果になってしまい、スポーツではあまり役に立たない筋肉になってしまいます。

ですので特にまだ体が出来上がっていない小中学生チームの場合は、仮に4時間練習するならば、そのうちの最後の1時間は丸々ストレッチングに使うべきだと思います。そうしなければ根本的に上達できる選手の割合を増やすことはできません。また、柔軟性が低く股関節を使えない投げ方というのは、肩肘を使ってでしか投げられなくなりますので、野球肩・野球肘のリスクも大幅に上げてしまう結果になるのです。

さて、今現在このコラムをお読みいただいている少年野球の指導者の方の中で、なぜ野球肩・野球肘になってしまうのか、それを明確に理解されている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?それを理解せずにフォームをあれこれ教えてしまうと、怪我をしやすい投げ方を教えてしまう結果になります。ですので選手はまずは柔軟性、コーチはまずは正確な知識が必要となるわけですね。
最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
IMG_2472.jpg

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 投手のストレートがシュート回転する原因とその改善方法
次のコラム 球速をアップさせるためにはテコの原理を上手に使おう!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾