イップス,柔軟性,股関節について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 柔軟性が低い選手はかなり高い確率で制球難に陥ります

柔軟性が低い選手はかなり高い確率で制球難に陥ります

  • 特に小中学生の野球選手は他競技よりも柔軟性が低い選手が多い!
  • 柔軟性の低さはスポーツ選手にとっては致命傷になるうる!!
  • 柔軟性が低い状態で筋トレを行なってもスポーツでは役立たない!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

当野球塾は2010年1月にスタートして以来、これまでに軽く1000人を超す人数のコーチングを行ってきました。しかしその中で非常に気になるのが、柔軟性の低い選手が非常に多いということです。柔軟性の高さというのはスポーツで上達するためには絶対不可欠な要素です。にも関わらず他のスポーツをしている選手たちと比較をすると、野球チームにおける柔軟性の低い選手の割合が非常に多いというのが現実です。


柔軟性が低ければ筋疲労の回復も遅れますし、タイトな動きしかできないため怪我もしやすくなります。また、関節可動域が狭まるために加速動作も短くなり、ピッチャーであれば球速を上げることも難しくなります。さらに体が硬い選手は、制球難やイップスになる可能性が、柔軟性の高い選手と比べるとグンと高くなります。

イップスの最も大きな原因はクロスインステップです。イップスに悩んでいる選手で、インステップの気がまったくないという選手は、当野球塾においてはほとんどいませんでした。そして柔軟性が低く、股関節の可動域が狭い選手というのはクロスインになることが非常に多いんです。ステップをしていき、足部を着地させるまでの間につま先を真っ直ぐ向けられるだけの可動性が股関節にないためです。

股関節周辺の柔軟性が非常に高く、なおかつ股関節を深く使ってボールを投げられている選手で制球力が明らかに低いという選手は、年代問わずほとんど見たことはありません。

ですので怪我を防ぐ、回復力を低下させない、球速をアップさせる、制球を安定させるという面において、柔軟性というのは非常に重要な要素なのです。近年は高校であってもトレーニング設備が充実し、ガンガン筋トレをやってしまう選手が多く、その筋力によってパフォーマンスを上げようとしてしまうことも多いと思います。しかしそのやり方はもちろん間違いです。

筋力というのは柔軟性あってこそのものです。ですので筋力を増やす際は、今以上に柔軟性を向上させるられるように工夫しながら行う必要があります。それを行わずに筋トレばかりをやってしまうと、柔軟性の低い体の状態を維持するための筋力を作る結果になってしまい、スポーツではあまり役に立たない筋肉になってしまいます。

ですので特にまだ体が出来上がっていない小中学生チームの場合は、仮に4時間練習するならば、そのうちの最後の1時間は丸々ストレッチングに使うべきだと思います。そうしなければ根本的に上達できる選手の割合を増やすことはできません。また、柔軟性が低く股関節を使えない投げ方というのは、肩肘を使ってでしか投げられなくなりますので、野球肩・野球肘のリスクも大幅に上げてしまう結果になるのです。

さて、今現在このコラムをお読みいただいている少年野球の指導者の方の中で、なぜ野球肩・野球肘になってしまうのか、それを明確に理解されている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?それを理解せずにフォームをあれこれ教えてしまうと、怪我をしやすい投げ方を教えてしまう結果になります。ですので選手はまずは柔軟性、コーチはまずは正確な知識が必要となるわけですね。

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投手のストレートがシュート回転する原因とその改善方法
次のコラム 球速をアップさせるためにはテコの原理を上手に使おう!
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾