ナックルボールについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > ナックルボールが誕生した瞬間とナックルボールを投げるコツ

ナックルボールが誕生した瞬間とナックルボールを投げるコツ

  • ナックルボールが誕生したのは第二次世界大戦の戦地だった!
  • ナックルボールは速いボールを投げられる投手のが有利!?
  • ナックルボールは投手の選手寿命を大幅に伸ばしてくれる!?


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

第二次世界大戦中、日本もアメリカもプロ野球選手たちの多くが兵士として戦争に駆り出されました。日本で言えば沢村賞として名が残る沢村栄治投手も戦地に赴き、ピッチャーだからという理由で手榴弾を投げ続けさせられ肩を壊し、以降ピッチャーとしてかつての球速を取り戻せないまま再び赴いた戦地で戦死しました。27歳という若さでした。


日本球界が沢村栄治というスター選手を失った頃、アメリカ球界ではナックルボールという新球を得ていました。アメリカ軍も戦地ではプロ野球選手たちに手榴弾を投げ続けさせたのですが、アメリカの場合、その手榴弾の大きさや重さを野球のボールに近づけるという工夫をしていました。

ですが形をまん丸にしたことで爆発しやすくなったようで、選手たちは野球のように豪速球を投げられず、手榴弾にあまり刺激を与えずに投げなければ自爆してしまう危険性もあったそうです。手榴弾をなるべく回転させることなく投げる方法を試行錯誤しながら見つけられたのがナックルボールの握り方でした。これにより手榴弾をほとんど回転させずに投げられるようになり、投げた直後に自分たちの近くで爆発することもなくなったそうです。

これがナックルボールが誕生した瞬間でした。戦後、選手たちは早速野球場で手榴弾を投げた時の握りでボールを投げ始めました。すると投げた本人にも予測できない曲がり方をし、キャッチャーでさえ捕球できない魔球となりました。そのためメジャーリーグでは今もナックルボーラーが投げる際は、ファーストミットのように幅の広いキャッチャーミットを使っています。

さて、ナックルボールを上手く投げるコツは、あまり山なりでは投げないということです。山なりに投げてしまうと進行方向に対する空気抵抗が小さくなってしまい、ボールが揺れなくなり、ただのスローボールになってしまいます。

もちろん球速が出ない分多少は山なりに投げないとキャッチャーまで届かないわけですが、この山なりを水平に近づけられるほど、ナックルボールは不自然に揺れるようになり、バッターがジャストミートできるかは運次第という魔球になります。

ですので球速を出せない投手がナックルボーラーになるよりは、本来は速いボールを投げられる投手がナックルボーラーになった方が、より打ちにくいナックルボールを投げられるようになります。ウェイクフィールド投手が投げていたナックルボールも、山なりになっていないから打ちにくかったわけですね。

戦争という悲しい過去が生み出したナックルボールではありますが、ピッチャーにとってはこのボールだけでも高額年俸を得られる魔球へと進化を続けています。日本のプロ野球ではナックルボーラーはほとんどいなくなってしまいましたが、メジャーリーグではまだサイ・ヤング賞投手がナックルボーラーとして活躍を続けています。

ナックルボールは肩肘への負荷が非常に小さいため、投手としての選手寿命も延びやすくなります。例えばディッキー投手は今年42歳で2桁勝利を挙げ、ウェイクフィールド投手も45歳まで現役を続けました。ライト投手は33歳ですが、これからあと何年投げ続けられるのか、今からとても楽しみですね!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム ピッチャーがまず鍛えるべき筋肉はふくらはぎ!
次のコラム 怪我をしてしまった時の受診時のために覚えておきたいこと
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾